読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

TOKYO MX『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』第11話"合宿前夜のワクワクは修羅場"感想。

Link:TVアニメ「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」 公式サイト

前回の終わりに登場したおばさんが起点となってのお話。


何気に先日のおばさん登場時、セリフが不自然な印象でしたけれど、
今回はそれも解消。
いわゆる「おばさん」の言葉遣いだったのですが、
絵との乖離、というか……そういうのが大きかったんですよね。
テキストだけならアリ、だったのかも、とは思うものの、
絵にボイスがのるとなると、
そこまで「おばさん」を強調しなくても良かったり、ね。


お話的には、夏合宿に行くためにはお金がたりない……
そこで鋭太の保護者たるおばさんがひと肌、という。


おばさんが各ヒロインを判定していく場面は面白かったです。
なかなかに的確で、真涼を挑発するような言い回しも○。
ツンデレ子、と、冬海愛衣を呼ぶのも
そのままの印象なので良かったです(笑)。
千和もそのままズバリ、ですし、秋篠さんもぴったり、
でしたもんね。


お話的には夏川真涼に焦点が合いそう、ではありますが、
どうなりますか。
おばさんにフェイクを見破られたり、
乙女の会の中でも微妙に浮いてしまう状態に陥っていたり、
それでも鋭太に惹かれていたり、ですので。


あ、カオルくんもイイ動き、してましたね。
原作の方の表紙、気になってはいました。
やはり……という。
似合うけど……それにしても……。
折角なので、ラストにも加わって、修羅場に拍車をかけてほしい!
などと思うのでした(;'∀')。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。