読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

2013-03-20(Wed.)『菅原龍平SONGBOOK vol.6』下北沢BAR CCO 感想。

Link:SUGAWARA Ryuhei Official Website
Link:BAR? CCO
イトケンさん、なおちゃんを迎えたSONGBOOK。
週の真ん中水曜日、祝日開催でした。
日中はお天気もよく、傘はいらないかな? という感じだったのに、
ライブ開始時刻が近づくにつれ、だんだんと雲行きが怪しく。
……で、会場時間も迫った
18:30頃、下北沢ではポツポツと雨が降ってきたのでした。
あやしい雰囲気だったので折り畳みの傘を持っていたのですが、
ホント、助かりました。
荷物になるし、正直、置いていこうかな、とも
思っていたのですよ……。


開場時間、となり、
外は雨、ということで早々に会場へ。
久しぶりにカウンターへ。
何度もCCOには来ているけれど、
カウンターに座ることってあまりなくて……。
今回のオリジナルカクテルの名前は「りんご娘」。
最近はダジャレっぽいものが多かっただけに、
少々異色な感じもしつつ、美味しく頂きました。
ほんのり甘く、それでいてピリッとジンジャーが効いておりました。


ライブ本編はいつもの通りの二部構成。
第一部はガーラさんひとりで、
第二部にて二人を迎えて、という形になっており、
二度おいしいんですね。
ギター一本でシンプルに、という良さを噛みしめた後、
グッと厚みを増したサウンドを楽しむ贅沢。


印象に残ったのは……
一曲目の『Arch』。
まさか最初にくる、とは思ってなくて(笑)。
大好きな曲なので、いきなりテンションMAX。
『春のあらし』も季節柄、いつも以上に沁みる感じでした。
後半戦は、もう、どれもこれも素晴らしく。
回を重ねる毎にクオリティアップしてきてるのよね。
『車道の影』のイトケンさん、なおちゃんのコーラスだったり、
KANさんの『遙かなるまわり道の向うで』のベースソロ、とか。


もちろん個々のライブも素敵なのですけど、
何度も足を運ぶことで気が付くところもあったりで、
実に楽しいのがSONGBOOKなのでした。


今回は新曲がなんと3曲もあったり、
次回CD-Rの予告? っぽい話もあり、
プライズも満載で。
週の真ん中の元気補充に十分満足! な内容だったのでした。


さて、次のSONGBOOKではどんな曲が聴けるのかしら。
今から楽しみです(予約はバッチリ! でした)。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。