読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

Blu-ray『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』第13話"萌亜の初恋メモリー?/16年目のハッピークリスマス"感想。

animation

Link:『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』アニメ公式サイト

Blu−rayつきの限定版、ようやく入手、です。
e-honだと、入手が発売日から遅れるのが難、ですね。
近所の書店で受け取れるのは助かるのですけど。


ということで、早速、特典のBlu-rayから観てみました。
久しぶりの『妹ちょ』アニメ版。
オープニングも久しぶりで、
聴いているうちになんだかワクワク♪


単行本7巻に付いてくる……というカタチのBlu-rayではありますが、
13話、とナンバリングされているように、
放映されていたアニメを踏襲したスタイルとなっており、
本編は24分、です。
ただ、AパートとBパートでキッチリとお話を分けていまして、
実質2話収録……なイメージでしょうか?


Aパートは"萌亜の初恋メモリー?"ということで、
鳥井くん妹、萌亜ちゃんメインのお話。
原作でもお気に入りエピソードだったので、アニメ化は嬉しく♪
萌亜ちゃんの行動をみつつ、ヤキモキする鳥井くんが微笑ましいですし、
必死な萌亜ちゃんが可愛いのです。
満足♪
あと、映画を観に行くシーンでの映画内のセリフは必聴、ですね(笑)。


Bパートは"16年目のハッピークリスマス"。
タイトルの通り、クリスマスのお話です。
こちらは美月がメイン、かしら。
サンタコスがあったりしまして、見た目にも華やかですが、
美月の複雑な心情だったり、
そのあたりを見ながら心配りをする夕哉が、
観ていて「これぞ『妹ちょ』!」という感じで良かったです。
結局、夕哉のとる行動も、らしい感じで(笑)。


仮にアニメ版を観ていないでこのBlu-rayだけ見た場合でも、
原作を読んでいれば満足できそうな出来には
なっているかと思います。
原作からお話を引っ張ってきていますし、
置いてきぼりはないかも。
ただ……んー、きっちりまとまっていましたし、
お話の密度も、TVアニメと同じ尺の中にギューッと詰め込んでいて
見応えもありましたが……もちっと日和ちゃんの出番、
欲しかったかな(笑)。
Bパートでちょろっと出てはくるのですけれども。
……ま、日和を大きく動かすと本筋のお話にも影響を及ぼしそうなので、
難しそうなのはわかりますけどね……。
何気にエンディングは音的に演出が入っていてニヤリ、です。
なんとなく脳内で再生されていたのがビシッ、と
当てはまった感じ?
ちょっとしたネタですけれども、こういう遊びは好き、です。


ということで7巻についてきた付録Blu-rayではありましたが
大満足なのでありました。
久々のアニメ版、満喫♪

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。