読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

伏見つかさ先生『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』3巻 アスキー・メディアワークス 感想。

light novel

第3巻。
割と黒猫の目立つ巻、でした。
桐乃ともかなりキワドイ展開になるのですけれども。


第一章は黒猫とアニメ鑑賞会。
桐乃と黒猫が揃えば……ということで、
仲良くケンカ状態なのであります(^^;)。
なんとなく、黒猫の京介への態度も気になりつつ。


第二章は田村屋宿泊話。
地味眼鏡担当ヒロイン麻奈実の家、ですね。
一応、幼なじみ、という説明はあったのですけれども、
どれくらいの付き合いなのか? は、
ここまであまり、具体的にはされていなかった訳で。
京介が泊まりに行く、ということで、
結構、家族ぐるみ……までは行かずとも、
田村家には京介が受け入れられているんだな、
ということがわかったりも。
こういうエピソードがあると、
後々のお話も厚さが出てくるかしら、などと思ったことでした。


第三章はクリスマスイブ、
桐乃携帯小説取材に同伴するお話。
桐乃に振り回されつつも心配する、京介の姿がなんとも……
無茶をしていながらも芯がある桐乃も、
さすがというかなんというか。
兄妹の関係、微妙なように見えても、
そんなに悪くない、そんな風にも感じられ。


第四章は携帯小説絡みの続き?
登場する編集さんの言動が変に生々しくて、
そういう方向でも楽しめました。
お話的には桐乃ではなく、
黒猫との距離が縮まる、意外な流れですけれども。


全体的な印象としては、
妙なところで真面目な桐乃の姿が印象的でした。
携帯小説の取材だったりとか……無理している感はあるんですけどね。
京介への態度はともかく、しっかり者なんだな、と。
アニメは一応、観ているので大筋は知った上で読んでいますが、
それでも楽しめているので流石、と思います。


そいえば、ライトノベルで言えば本日、
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5』
が発売ですね。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 (ガガガ文庫)

Kindle版は7月25日発売、とのことなので、
私はそちら待ちですが……。いやー、ほんと、Kindleライトノベルは捗ります。
うんうん。
Kindle Paperwhite (第6世代) ―Wi-Fi

Kindle Paperwhite (第6世代) ―Wi-Fi

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。