読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

渡航先生『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』6.5巻 小学館 本編 感想。

Link:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。::小学館::ガガガ文庫


俺ガイル6.5巻、今回もKindle版にて読了です。


6巻の文化祭、7巻の修学旅行の間のお話……
ということで巻数には納得。
軸は目玉学校行事のひとつ体育祭なのですが、
やはりその運営でひと悶着、という。


中心になるのは、奉仕部メンバー、めぐり先輩、
そしてなんと文化祭実行委員長だった相模南……さがみん。
今回、さがみんは体育祭の委員長に据えられてしまうんですね、
奉仕部その他の説得もあり……。


文化祭での退場でそのままフェードアウト、となると
後味が悪いですし、人柄の印象が悪いままになってしまいますし、
今後の展開も考えての汚名返上なのかしら?
と思いましたが、作中でも同じ感じ……でしょうね。


見どころは相模グループの崩壊。
女の子、超こわい……でも、こういうのありそうだよなぁ、
と思いながら眺めたことです……
奉仕部の面々は、修学旅行、生徒会選挙前のため、
関係は良好な感じで。
こちらのやり取りは気軽に楽しめて○、です。
あれ? いろはすは? と読みつつ思いましたが、
選挙がまだだから出番なし、か……ですよねー。


終盤、さがみんの出番が少なかったのは気になったかも。
当日のエピソードとか……いや、当日はヒッキーが引き起こすので、
そこを強める為には……ということかしらん。


変わらずのドロドロな人間関係ありつつ、
そういうの見ているうちにサバサバ、わかりやすい
あーしさんのファンになりそうになったり、
例によってガハマさんは可愛いし……で、
『俺ガイル』節、満喫でありました。


とりあえずコレでさがみんの救済? はなされ、
すっきりして先のお話を楽しめるようになりました。
外側の方に「あれってどうなったの?」というのが残っていると、
何だか気になりますしね。
こういう番外編ちっくな拾い方は悪くないと思います。


さて……次巻はいつになるのかしら。
早くも待ち遠しい……って、んなこと言う前に
ボーナストラック読みますかね……。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 (ガガガ文庫)

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。