読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

渡航先生『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』6.5巻 小学館 ぼーなすとらっく! 感想。

light novel

Link:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。::小学館::ガガガ文庫


本編後、収録のぼーなすとらっく!
「そのクリスマスキャンドルの灯が揺れる時……。」
読み終えました。
ドラマCDの脚本リライトなんですね。
舞台は9巻のあと……ということで、
奉仕部の微妙な空気も解消? したあたり。


タイトルからも推察できる通り、
クリスマスに関わるお話になっておりまして、
メインキャラクター各々のクリスマス感であったり、
イベントへの向き合い方が見えて、なかなかに面白く。
おまけ、的なこともあってか、
軽めの展開になっており、笑いに振られているのも
好感触、です。気軽に楽しめて○。
小町も大活躍です! 本編ではそこまでではなかったから、
これは嬉しい展開♪
あと平塚先生成分もぎゅっと濃縮で、
誰か貰ってあげて……感半端なし(^^;)。


なにより、締めが素晴らしいですね。
ゆきのん、ガハマさんとわかれる場面。
単純に場面としても良いのですけれど、
横断歩道、信号がヒッキーとの間を分かつ、というのも
暗示的でいいな、と。
やはり距離感も感じますし(向う、と、こちら)、
間の横断歩道で立ち尽くすゆきのんは、
ちょっとヒッキーとの間隔、縮まったのかな? などと。
信号機の点滅から決心したのかどうかはアレですが
「……メリークリスマス」
というセリフも、これまでとはちょっと違ってきたのかしらん、
と思わせられる素敵な場面でありました。


おまけ的な収録ではあったものの、
気軽に楽しめ、そのわりは内容も濃い、
素敵なぼーなすとらっく! でございました。


そうそう、8月18日には
伊緒直道先生『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。@comic』の
3巻Kindle版がリリースみたいですね!
Kindle待ちだったので嬉しいですわー。

もうちょっと間隔が短ければな、とは思うものの、
大人の事情でしょうから仕方ないですよね……。
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5 (ガガガ文庫)

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。