読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

BIC SIMへ乗り換え。

gadget

Link:BIC SIM powered by IIJ

これまで某社の、SIM2枚であわせて2GBのデータ通信を行え、
それでいて月の料金は3,000円ほど、
というプラン(音声通話なし・SMS機能なし)を使っていたのですが、
最近は他社よりさらにお得感のあるものが出てきておりまして、
思い切って乗り換えてみることにしました。


そこで選んだのはBIC SIMのファミリーシェアプラン。
SIM3枚であわせて7GBのデータ通信(超過した場合200kbpsでの通信可能)が行え、
SMS機能がついた……もちろん、通話はなしで(PHS持っているので)。
料金は某社のプランより数百円アップ程度でしたので、
メリットの方があるかな? と。


ということで、本日、BIC SIMが開通の手続きをWeb経由で行い、
端末に入れて使ってみたのですが……速い!!
某社のSIMは一応、3Gでの通信の最大通信理論値は下り14Mbpsなものの、
よくて2Mbps、250kbps前後はザラ、という状況だったのが
いきなり6Mbpsを叩き出す、という。
端末性能差はありますが、
Lumia920にBIC SIM、Lumia900に某社SIMを入れて
Webでのスピードテストを同時に行ってみましたが、結果は変わらず。
BIC SIMは圧倒的に速くて。
これまでは一体、何だったんだろう、と思うほど。


通信速度が改善したのもよかったのですが、
もうひとつ良かったことがありまして。
それは、SMS機能つきSIMにすることで、
セルスタンバイ状態ではなくなった、ということ。
データ通信のみのSIMであるが故、
データ通信とは別扱いの通話回線は圏外扱いになって延々、
端末が電波を探す状態になる……みたいな感じかしら?
この状態になると、電池の持ちが悪くなってしまうみたいで。
ただ、音声通話回線を使用するSMS機能をつけると、
その状態から脱することができるらしく。


Link:セルスタンバイ問題 - Wikipedia


ということで、これまでアンテナの表示を見たことがなかったのですが、
SMS機能つきのBIC SIMにしてからはアンテナの表示もされるようになり。
見事、セルスタンバイからは解放されたようでした。
これで一層、運用しやすくなるかしら。


このタイミングでSIMを切り替えたのは、
テザリングが増えてデータ通信量も増すかな? との予想もあり。
何日の到着になるかは不明ですが、
FireHDX8.9お迎え準備の一環なのでした。
Fire HDX 8.9タブレット(第4世代) 16GB

Fire HDX 8.9タブレット(第4世代) 16GB

おそらく来週中には手にできる筈……新しいデバイスのお迎えって、
ワクワクしますよねー(笑)。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。