読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

渡航先生『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』10.5巻 感想。

light novel

Link:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。::小学館::ガガガ文庫
Link:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 公式ホームページ|TBSテレビ

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫)

第2期アニメはこの春から!
というところでの『俺ガイル』10.5巻リリース。
アニメにも参戦する一色いろは、いろはすの表紙が素敵でございます。
Kindle版にて。


短編集ながら、充実の内容でして。
収録の各お話では主軸のキャラクターが活きいきとしており。
何気に感じていた影もなく、
素直に楽しめる番外編? 的な読後感でした。


とは言っても、基本、どの話にも絡んでくるのが
表紙を飾る一色いろは。
ヒッキーの目にはあざとさ、したたかさが押し出されつつも、
どうにも可愛く映るのは仕方ないところですよね。
うん。


最初の短編は材木座義輝の進路相談、ですかね。
奉仕部の面々+いろはすが、
直球勝負で対戦する感じで。
材木座はもちろんですが、ヒッキー、ゆきのん、ガハマさん、
いろはす、それぞれのリアクションが面白くて。
場面の転換が大きくあったりとかはしないのですが、
材木座の熱さに対する、奉仕部の冷静さがなんとも楽しく。


次のお話はいろはすとデートな八幡。
いろはすに踊らされている感もありつつ、
なんだかんだで可愛い後輩なので許してしまう。
そんな八幡のポジションが羨ましく思えたのでした。
いろはす、罪作りよね。


最後? は、いろはすの持ち込んだ生徒会作? の
フリーペーパー編集話。
メインはヒッキーで。
色々引き受けつつ、そつなくこなしていくうち、
本当はじっくり進めておかねばならなかった案件で
痛い目をみる、という妙に生々しいお話で。
ゲスト的に戸塚や葉山も登場しながらも、
主軸はヒッキー、ゆきのん、ガハマさん、いろはすで回って。
各々、良いところが出ていて大満足なお話でございました。
あ、平塚先生も、らしい出番がありますし。


締めはホントに短い、八幡と小町のエピソード。
なんだかんだ、良いお兄ちゃんなんだよなー。
小町がいてくれるから、良いお兄ちゃんでいられるんだろうな。
そんなことを思いつつ。


メインのお話の行く末が気になるのは当然!
ですが、こういうキャラクター性全開のお話も
どんどん読みたいのですよねー。
かといって本編の緊張感に影響が出てしまっても……と、
贅沢な心配もしつつ。


10.5巻、満喫しましたし、
第2期のアニメも目いっぱい、楽しむと致します。


あ、10.5巻で一番好きな場面は、
いろはすと一緒に撮った写真が
ゆきのん、ガハマさんに見つかるところ、ですかね。
こういう微妙な空気なら歓迎だよ!
とか思ったことなのでした。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。