読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

TBS『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。−続−』第2話「彼と彼女の告白は誰にも届かない」感想。

Link:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。::小学館::ガガガ文庫
Link:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 公式ホームページ|TBSテレビ


そんな録画消化速度で大丈夫か?
大丈夫だ、問題ない。


ということで第2話視聴。
ちょいと飽和状態かもかも。


第1話ではどことなく間合いの狭さが気になった訳でありましたが。
第2話では、ここぞ、というところで時間をとっているように感じられ、
さすがにプロの仕事! と思ったのでした。


率直に申しまして、Bパートのガハマさんのセリフで泣きました。
ゆきのんの直前セリフが下地にあって、なのですけど……これはキツイ。
そのあとの依頼者・海老名さんとヒッキーの対話も、
海老名さんの影を感じさせるには十分すぎて。
「わたし、腐ってるから」
と、言っていますが、その背景を思うと、
なにがあったのかしら、と、ゾクッとするのでした。
今後、原作でも語られるのかどうかはわからない部分ですけれども。
現実でも、踏み込めないところ、ってある訳で。
お話の展開で消化できるものなら大丈夫なのかな、とは思うのですが、
回収するのが難しすぎて終わるエピソードになったりしても
おかしくなかったりするのかなぁ? とか。
葉山くんも重そうな何かもってそうですけど、
こちらはスッキリしてもらわんと困りますが(^^;)。


2話で修学旅行の話を締める、というのは難しそうなのですが
キッチリと要所も逃さず……
いや、平塚先生の話はもちっと観たかったけど(笑)。
肝心かなめな、ガハマさんの魅力は詰まっており、
大満足なのでした。


いや、修学旅行ってガハマさん回っしょ?
というのが原作読んだイメージだったので。
仕草だったり、表情だったり、言葉だったり。


先のお話にも期待できそうです。
ええ。私イチオシ、めぐりせんぱい登場ですよ、たぶん!
つか、ちゃんとGoogleで「めぐり先輩」で検索したら出てくるのね……。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。