読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

水上悟志先生『惑星のさみだれ』6巻 少年画報社 感想。

惑星のさみだれ 6 (ヤングキングコミックス)

惑星のさみだれ 6 (ヤングキングコミックス)

「勇者」。6巻でございます。
厳しい展開で。


勇気とは。
ひとの為、身体を投げ出す勇気、私にはあるかしら……
などと思いつつ。
それまでの関係性なども色々と見てきて、の
この展開でしたから、
読んでいて相当の衝撃でした。


そして、花子のエピソード……
日々の其処彼処に彼の姿を思い出しつつも、
しっかり前を向く。
いつまでも泣いてばかりではなく。
強く、立ち上がる姿。
一番かなしい筈なのに、
それだけにしっかりと現実を見据えて、
いまを生きる、というか。
素敵なヒロインだな、と思ったのでありました。


大きな転機になるような6巻。
白道さんの従者も強化され。精神的な試練もあり。
アニムスとの戦いも激しさを増し。
それぞれの騎士も精神的に色々と抱えていそうですし……
見どころも増えて参りました。


次巻もしっかり楽しみたいと思います。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。