読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

九井諒子先生『ダンジョン飯』2巻 KADOKAWA / エンターブレイン 感想。

ファンタジーグルメコミックス?
九井諒子先生『ダンジョン飯』2巻でございます。
Kindle版を購入……10日、秋葉原COMIC ZIN店頭でも
見かけていたのですが、電子書籍の方で揃えていたということもあり、
そのときは我慢したのでした。
ちょいと待ち遠しかった(^^;)。


日付が変わって即、ダウンロード。
いやー、今回も多彩なモンスターと食事に満ちあふれておりまして、
楽しゅうございました。
料理もさることながら、モンスターの生態だったり、
パーティのそれぞれが持つモンスターへの印象が様々で面白いのですよねー。


ゴーレムの扱い方などは、もう、そういうのがあったのか、と。
どうやって野菜を……と思いきや……
肥料絡みの話は、生理的に色々でしたが(笑)。


オークとも親交のあるセンシは、なんだかんだで流石な感じ。
他にも意外な繋がりをもっていそうですよねー。
「早く言ってくれ!!」的な。


絵の中に入っての食事エピソード、
ライオスが思いつきそうなものですが、
なかなか思い通りにならないのが面白く(笑)。


チルチャックのミミック絡みの色々も、
災難ではありましたが楽しめました(;^_^A。
過去の失敗がね……
単純に蟹みたいで、ミミックも美味しそうでございました。
ヤドカリに近いようですから、
タラバガニっぽかったりするのかしら。おなかすいてきた……。


水棲馬とセンシのエピソードは少々悲しいものがありましたが、
仲間との関係が深まった感じもあり。
これはこれでよかった、のかなぁ?
スッキリした感じですしね。


……ということで『ダンジョン飯』の世界、満喫いたしました。
着実に深い部分にも潜っておりまして、これからのお話は地下4階。
水も豊富のようですから、お魚ですとか、
そのあたりの料理が楽しめるのでしょうか。
あと、水着回があるとうれしい……かな?
食事はもちろんのこと、
ライオスの妹を救うという目的であったり、
オークが語った
「迷宮を作り上げた狂乱の魔術師を倒せば
 この城の全てが手に入るらしい」
という話が今後、絡んでくるのかも楽しみなところでございますね。


読み返しつつ、次巻をのんびり、
たのしみに待つことと致しましょう。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。