読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

志摩時緒先生『あまあま4』白泉社 感想。

comics

Link:楽園 | 白泉社

あまあま4

あまあま4

悶絶系恋愛コミックス『あまあま』も、
ついに完結! です。
個人的にはもう少し続いて欲しかったかな……とは思うものの、
あまりに引っ張っても、という感じもあり。


宮本くんと原さんは流石の経験値で上手くやっている感じで。
最後に宮本くんが男らしさ、というか、
そういう姿を見せてくれて、とても良かったですし、
そんなところに原さんも惹かれてるんだろな、
思ったのでした。


高梨くんと宮本くんの微妙な関係も、
どことなくまだ続いているようで……
って、高梨くんの一方的な誤解、みたいな感じで、
宮本くんはまったく気づいていない訳ですけれども。
なんとも両刀な雰囲気が漂っており、
面倒なことにならないか心配なままの最終巻(^^;)。
とは言っても、親友っぽいスタンスで
長い付き合いになりそうで。


神崎さん、高梨くんラインは
安定した初々しさで……
神崎さんが宮本さんに相談する場面は
なんとも微笑ましい、というか、
羨ましい感じでございました。


神崎さん妹もうまく着地できて何より。


と、それぞれ綺麗におさまって次へ……
という終わり方、ですかね。
ちょっと先をいく宮本くん・原さん、
初々しさ満点な高梨くん・神崎さん、
少し違うスタイルの恋愛模様を満喫出来、
とっても楽しい作品でございました。
わたしの高校時代もこうだったらな……なんて(笑)。


お話は完結しましたが、たまに読み返して、
恋愛模様に悶絶してみようかしらん。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。