読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

いけださくら先生『俺の後輩がこんなに可愛いわけがない』6巻 KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 感想。

紙に遅れること1ヶ月……Kindle版リリースとなっておりました。
すっかり忘れていて、
昨夜、検索でリリースに気が付いたんですけどね(^^;)。
Kindle版リリースカレンダーとかあったら便利なのになぁ……
好きな作家さんなり、作品を登録するとカレンダー上に表示されるような。


それはそれとして、
『俺の後輩がこんなに可愛いわけがない』最終巻となる6巻でございます。
見どころは、原作を大事にしながらも、
ちゃんと黒猫のお話として着地させているところ。
言うなれば、黒猫ルート、ですね。
単純に原作の黒猫視点ではなくて、
あったかもしれないエピソードを描き出しているところが素晴らしく。


黒猫ファンには納得、なシリーズとして
素敵な結末に辿り着いているかと思います。
皆、笑顔で迎えられるような、そんな。


出番は少ないものの、個性的で可愛い黒猫の妹たちも
魅力的に描かれているのも○、です。
というか、もちっと出番を増やしてくれても良いくらいで(笑)。
京介とのやりとりも面白いですし。


当初は普通のスピンオフとして読み始めたこの作品ですが、
エンディングに大満足、でございました。
こういう、原作を活かして、さらに良いところをのばすような作品、
どんどん出てくると、世界観も広がって素敵なんですけどねー。
……なんというか、あやせさん版も読んでみたい……な、
などと思いつつ、いけださくら先生の次回作に期待!!

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。