読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

大石まさる先生『水惑星年代記 月娘』少年画報社 感想。

水惑星年代記』の1冊。
"月娘"で"ルーニャン"と読みます。
月生まれ、月育ち……生粋の月っ娘、それが"月娘"!!


ということで、今回は短編集、という形ではなく、
月娘であるところの讀巫女・ブラックが主人公が火星を目指す、
1冊通してのお話。
これまでの集大成、みたいな。
月の生活であったり、月生まれからみた地球であったり、
月のさらに向こう……火星を目指す讀巫女の想いであったりと、
読み応え十分でございました。
これまでのシリーズとの繋がりも、ちょいと嬉しく。


やっぱり、こう、楽しく、明るい未来を提示してくれるのが、
本当に読んでいて嬉しくて。
まぁ、讀巫女も笑って、泣いて、怒って、と
色々とするのですけれども、きちっと先を見据えて前をみて。
そんなところがほんと、良くて。


未来の冒険のお話。
楽しゅうございました。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。