読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

阿部潤先生『忘却のサチコ』3巻 小学館 感想。

忘却のサチコ 3 (ビッグコミックス)

忘却のサチコ 3 (ビッグコミックス)

Kindle版が少々遅れてリリースとなりました、
阿部潤先生『忘却のサチコ』3巻。
今回も楽しゅうございました。


話を大きく分けると、身近系と遠出系、
になるかな、と思うのですけれども、
今回は遠出が多め? でしょうか。
目次をみると、行き先が一目瞭然で。
何気にサチコさんの魅力だったり、
食べ物の良さだったりを打ち出しつつも、
旅行系の楽しさも醸し出している本作、
なかなかかと。


あまりこだわるのもあれなのですが、
少々、結婚式当日に消えた彼の影が薄くなっているのは
気になったかも……
全編通して、サチコさんの魅力は存分に伝わるのですが、
そもそもの食の探求? のキッカケとなった
彼の姿が見えなくなってきて。
今回だと、広島の話で明確に出てくる以外は……
一応、飛騨高山話にもサチコさんの感情は見え隠れする、
という気はしますけれども。


そのあたりは置いておいて、
いやー、美味しそうな上に楽しそうで。
京都でのすきやき、お店の雰囲気も良さそうで憧れますし、
もう乗ることの出来ない北斗星……
何度か帰省時に利用したことはありますが、
食堂車に行った事がなかったのが悔やまれたり……
広島の牡蠣話はとにかく美味そう(^^;)。
牛乳話は、めずらしくサチコさんの苦手に関わるお話で。
いつもとはちょっと違う姿であったり、
打ち解けた様であったりを楽しめ、これまた良かった。
寿司屋さんのエピソードは。
なにやら憧れがぎゅっと詰まった感じで。
こうあってほしい職人像と、現実のお会計の……ね(笑)。
締めの飛騨高山話については、
おもてなし、についてちょっと考えつつも、
美味しそうだなー、と単純に(笑)。
ただ、食材がウリの地域の場合、色々なアプローチの仕方があるのね、
とも思ったりも。
アレンジを変えたら、今までとは違った何かを打ち出せる、
そんな可能性を秘めていて、
地域おこしの一環にもなりそかな、と。


ということで、
『忘却のサチコ』3巻、満喫いたしましたです。
出てくる食べ物がおいしそうなのはもちろんのこと、
サチコさんの誠実、かつ天然で、可愛い様もたまらず。
ただ、個人的には身近な食べ物重視で、
ご当地ものはスペシャルな感じにして欲しいかもなぁ、と、
なんとなく、思ったことなのでした。
身近なものを扱ってくれると、
ちょっと日々の生活にも影響を受けそうで、
たのしみかな、と。
よし、あげパン、久しぶりに食べてみるかー! 的な?


ま、サチコさんが美味しそうに食べてるならOK、なんですけどね!
ということで、次巻のKindle版リリースを楽しみにしつつ。
忘却のサチコ 4 (ビッグコミックス)

忘却のサチコ 4 (ビッグコミックス)

紙の4巻リリースは2015/11/30予定。
……Kindle版は年末には出るかしら?

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。