読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

芦奈野ひとし先生『ヨコハマ買い出し紀行』12巻 講談社 感想。

いつものゆっくりした日々……のように見えるのですが、
ますます、変わっていくまわりを強く感じる12巻。


印象的なのは、
ナイの操縦する飛行機に乗り、
アルファさんやマッキの上へやってくるタカヒロの場面。
タカヒロを迎えるべく、正装であつまる面々。
なんというのかな。
ホントに旅立ってしまったんだなぁ、というか。
上空から生まれたところを見たタカヒロ
「はい きれいでした…… 小さくて……」(58頁)
と、外から改めて見つめる視点になっていて。
地元を離れた身としては、なんとなくわかるなぁ、などと。


アルファさんとマッキはどんどん親しくなって。
スクーターの乗り方を伝授してみたり、
お店の手伝い? をしてみたり、と。
うたたねするマッキをみつめながら
タカヒロの幼少期を思い出す様はとても切なくて……。


あたたかなアルファさんは変わらないのだけれども、
せつない気持ちの詰まった。
そんな感じを強く受けた1冊なのでした。


故郷を思い出してしまった。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。