読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

やまむらはじめ先生『碧き青のアトポス』4巻 小学館 感想。

COMIC ZINで……といきたかったのですが、
都合がつかずに近場の書店にて購入。
発売から数日たったからなのか棚に1冊のみ、
ということで、危なかったです(;^_^A。


表紙はうらな。
小悪魔的な雰囲気がよく出ていて……
実際、本編でも本気なのか、からかいなのか、
真都に迫ってみたりして……真都姉がツッコミ入れてなければ、
わりと押し切られていたのでは、真都くん……。


第4巻は派手にバトルからスタート。
日滝さんから継いだ力を制御しきれていない、
そんな真都が少々気になるところ。
技術的な未熟、というのもあるのでしょうけれど、
どちらかというと精神的な不安定さ、不完全さ、を
感じてしまう場面でございました。


かがり絡みのエピソードから4巻ラストまでについては……
キィズ・キーのコトもありますし、
海底に沈んだ島まで追いかけていって、最終局面へ、となるのか、
本土でもうひと悶着あるのか、
先々が気になる流れでございまして。
うらなのサポートもありますしねぇ、どうなるのかしら。
かがり争奪戦がもう少しあってもおかしくない気もしますし。


ますます先々が気になる、
ちょっとスッキリしない、そんな第4巻でございました。
お話も途中なので仕方ないですけれども(;^_^A。


しかし、うらな可愛いですなぁ。
思った以上にドキドキ。
真都の朝練にお付き合い、
な場面はなかなかによろしゅうございました。
今後の活躍にも期待、です。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。