読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

原作:ヨコオタロウ先生/作画:森山大輔先生『君死ニタマフ事ナカレ』1巻 スクウェア・エニックス 感想。

comics

Link:君死ニタマフ事ナカレ | ビッグガンガン | SQUARE ENIX
※第1話立ち読みあり。

森山大輔先生の新刊! ということで、早速手に取りました。
内容に関してはまったく予備知識ナシで!


率直に申しますと、作者ファン、などでなければ、
一度試し読み・立ち読みをしてみて、
肌に合うかどうか、確認した方がよさそうです(^^;)。
私としては楽しめましたけれど……と言いますのも、
内容的に紛争地域に放り込まれた少年少女超能力者部隊、
のお話なこともありまして、人が死にまくります。
頭を狙撃、ですとか、刀でばっさり、などという表現がそこらにあり、
しかも、キッチリ描かれているので、
苦手な人はきっとダメなんだろうなぁ、と。


お話の方は、はじめこそ上述表現のこともありまして、
どこか入り込めないところがありましたけれど、
読み進めるにつれて先が気になり始めて……。
超能力の軍事利用が実現した日本で設立された「特殊能力高等学校」。
生徒が初めて実戦に投入されたものの、凄惨な結果に。
戦場からの離脱を試みるも、仲間がどんどん脱落し……
催眠術を操るクロイが中心になり、
クロイ、マシロ、アサギ、ボタン、ミズカキ、計5名で
日本への帰還を目指す、という流れ。


単純に戦力差もあり、敵地であり、
狙撃手に地雷まで配置されていて救援もなかなか見込めない、
という中での活動なので、緊張感満点、です。
もっとも、針を振り切ってしまっている感じもありますが。
泥沼に沈むような状況での彼ら、彼女らの行動、判断は、
中々に見応えもございまして。
特に、クロイとマシロ、ですね。
ちょっとクロイくんは怪しいところがあり、
マシロさんはその分、直球勝負の女の子で。
悪くないコンビだと思います。


如何に超能力を使える、といっても一筋縄にいかないのは、
お話の冒頭にも描かれている通りで。
これからどのように逃げるのか、
その後はどうなるのか……は気になるところです。
1巻読んだ限りでは、サクッと主戦級の人物が退場したりもしそうで、
油断? のならない展開に期待、です。
2巻は2015/11/25発売とのこと。間をそれほど置かずに続きを読めるのは嬉しいですね。
しかも、翌日には森山大輔先生の短編集も!ファンには嬉しい11月となりそうでございます。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。