読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

志村貴子先生『放浪息子』6巻 KADOKAWA / エンターブレイン 感想。

comics

放浪息子(6) (BEAM COMIX)

放浪息子(6) (BEAM COMIX)

夏休み、そして文化祭! な『放浪息子』6巻。
人間関係はますます複雑に……。


二鳥くんと高槻さんは和解?
以前の関係性を取り戻したような……
と言いますか、二鳥くんは千葉さんの影響を受けてか、
改めて高槻さんに告白みたいなことをして、そこから復縁、的な。
女の子になりたい、ということを明確に意識し、動き出した、
そんな印象を受けます。
……ま、少々行き過ぎてしまうこともあるのですが(^^;)。
姉・真穂は相変わらず二鳥くんにキツくあたるものの、
なんだかんだ理解している、頼りある感じで。
下着の一件はどうにもこうにも二鳥くんが悪いですけど(笑)。


文化祭の倒錯劇はまさかの千葉さん無双で。
ただでも個性的なのに、さらに(笑)。
ちょっと、二鳥くんへの想いは通じなそうにみえて、
かわいそうなのではありますが……。
有賀くんもなかなかに大変で……
千葉さんと高槻さんの間の潤滑油、クッション的役割も担ってそうで。
もちろん、二鳥くんの貴重な友達でもあって。


ここからどうお話が動いてくるのかしら。
作中でも示されている通り、
二鳥くんはそろそろ身体的にどんどん、
男性に寄っていくこととなるかと思うのですが。
どうやって乗り切るのか、受け入れるのか。
高槻さん、千葉さんとの関係も気になりますね。


まだまだお話は続きますし、当面、楽しめそうです。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。