読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

佐藤ショウジ先生『トリアージX』12巻 富士見書房 感想。

Link:富士見書房 | トリアージX
Link:トリアージX -イクス- TVアニメ公式サイト

珍しく緑がベースな表紙が印象的。
桃木野さんがいい感じで……胸的な意味で。
Blu-rayつき限定版のほうはいつもの感じ、ですね。さて、まずはシリンジとブラックラベルのバトル……
Mr.アストロに対峙するは犬鳴慎一郎、
Dと戦闘を繰り広げるのは嵐、美琴、織葉。
どちらもピンチで気が抜けません。
特に犬鳴さんの方はしんどそうで。
おまけにフラグがバシバシ立っているようにみえて、
読んでいて落ち着かない、という(;^_^A。
嵐の方はなんとか危機を脱して一安心。
美琴も無事でしたし。


一応、シリンジとブラックラベルの直接対決は
ここで一休み?
今度は飛城財閥と警察も絡め、
街全体の騒動に発展しそうな流れで。
おまけに『HIGHSCHOOL OF THE DEAD』をちょっと思い出しそうな、
ゾンビちっくなところもでて参りまして。
なかなか、難義なことになって参りました……。


飛城財閥がここから絡んでくるとは……
いよいよ佳境、なんですかねー。
ブラックラベルも拠点が見つかりそうで
結構ピンチですし……大詰めのお話、
アニメは終わりましたけれど、まだまだ目が離せません。


そいえば、佐藤ショウジ先生の初期作品集もリリースされていますね。
こちらも後日、読みたいと思います。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。