読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

原作:伏見つかさ先生/作画:いけださくら先生『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』2巻 KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 感想。

桐乃、親父さんと対峙の巻、です。


モデルを務めるほどに容姿端麗。
それでいて成績優秀、運動神経も抜群な妹、桐乃でありましたが、
その趣味は、意外にも……アニメにとどまらず18禁のエロゲにも及び……
挙句にその18禁妹エロゲを厳しい親父さんに発見されるミラクル。
な、窮地に追い込まれた桐乃がどうなるのか、と。


原作も読んでいたので、展開自体は見えていたのですけれども、
京介氏、格好良いですのう。
冷え切った兄妹関係の中でも、兄として妹を守る、とでも言いますか。
何だかんだいいながらも、妹のことを考えているというか。
そして、比較的誰にでも同じような接し方をするものだから、
そりゃあ外見が普通だったとしてもモテるでしょうなぁ、と。


そして、ついに待望のあやせさん登場!
今のところ、可愛いあやせさんですが、
ここからコミックス版はどのように豹変するのでしょう……楽しみでございます。


ところで、絵柄の変更、って何があったんでしょね?
途中でいけださくら先生のコメントが掲載されていましたけれど。
原作? との差を縮める、とか、
そんな塩梅なのかしらん。
いけださくら先生の、ここまでの絵柄も嫌いではないのですが……
とはいえ、コメント後の絵も派手に変わっている感じもなく。
違和感感じずに楽しめたので良かったかな、と。
やっぱり原作アリのコミカライズって難しいのね……。


さて、待望のあやせさんも登場しましたし、
ここからさらに盛り上がっていきそうな予感、な、
『俺妹』でございました。
先のお話もまったり楽しんで参ります。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。