読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

志村貴子先生『放浪息子』10巻 KADOKAWA / エンターブレイン 感想。

comics

放浪息子(10) (ビームコミックス)

放浪息子(10) (ビームコミックス)

保健室登校となった二鳥くん。
周囲もしっかりと支えてくれて、少しずつですが復活の兆し?
高槻さんと千葉さんもいいコンビになってきて。


立ち直りのキッカケが文化祭での劇になりそうなのがまた、
波瀾の予感ではありますけれども。
土居くんがまた絡んできたのは意外でした。
なんだろう……いじめっ子イメージが強かったのですけれど、
距離感はうまく掴めていない感はあるものの、
二鳥くんと、互いに認め合うような片鱗がみえるような?
今後、どうなるかはまだまだわからないですが。
良いところで10巻は締め、で。
んー、どうなるのかしら。


安那ちゃんとの再会は嬉しいかぎり。
安那ちゃん可愛いですし、
二鳥くんが女の子の友だちが多いのもなんだか頷けるような(笑)。
女の子になりたい、ということだけではなくて、
さらりとドキッとしてしまうようなコトを
嫌味なく言っちゃうのね(^^;)。
……いや、第一印象は最悪でしたけどね、
安那ちゃん……。
そんなところから良い関係に持ち込める二鳥くん、
すげぇなぁ……。


ということで、お話も後半戦に入るのでしょうか。
次は11巻。
きっちり楽しんで参ります。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。