読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

志村貴子先生『放浪息子』11巻 KADOKAWA / エンターブレイン 感想。

comics

放浪息子 11 (ビームコミックス)

放浪息子 11 (ビームコミックス)

二鳥くんも無事? 復帰して、中学生としても終盤戦。
徐々に身体に変化も現れて……
声変わりだったり、身長が伸びてきたり。
だんだん、二鳥くんも高槻さんも迷い、というか、
戸惑い? みたいなものも出てきているようで。
女の子になりたいのか、どうなのか……
ちょいとばかし、二鳥くんの夢に千葉さんが登場していたのは
引っかかったかなぁ……。


修学旅行では、長らく仲が微妙になっていた
ちーちゃんとモモの関係も改善し、何だかホッとしてみたり。
終わったあとの作文? のエピソードは
なんともあたたかな感じで。
んー、こういうのって近しいことがあったような……。
なんとも懐かしい、そんな雰囲気が良かったです。


んでもって、最後の文化祭、と。
ここでまた直面する、
二鳥くんが女の子の服装で出るかどうか問題。
11巻ではお答えはわからないのですけれど……
これまでの行動からすると、
こういう所であまり迷わないんですよね。
……ただ、蓋を開けてみないとわからないし……
高槻さんは意外な答えでしたし。


進学も控えて想いもさらに絡まって、な『放浪息子』。
残りも少なくなって参りましたが、
きっちり楽んでまいります。
二鳥くん、高槻さんはどんな道を選ぶのかなぁ。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。