読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

原作:伏見つかさ先生/作画:いけださくら先生『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』4巻 KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 感想。

comics

あやせさんとのバトル? な4巻。


夏コミ会場を出たところで、
偶然にあやせさんと出会った桐乃一行。
表向きには隠している趣味を満喫しているところ、
とあって、さすがに狼狽える桐乃。
そして、勘の鋭いあやせさん……。


ということで、友情の危機、となってしまった桐乃。
恐怖の裏あやせさん。
……いや、こういう表裏全開なあやせさんが好きなんですけどね。
桐乃とあやせさんの関係をなんとか保つべく、
われらが京介氏がとった行動は……京介氏らしい、というか何というか。
若干、悪者になりつつ、
桐乃とあやせさんの面目もたもったまま、
しっかり着地させて。
派手さはないけれど、こういう所が素敵な兄、なんですよね。
あやせさんもちょっと気づいている感じ?


コミカライズとしてはここで一段落?
あとがきにはそれっぽい話はないのですけれど……
続巻は出ていないようですし。
お話的にも一区切りはついていて。
ここから『俺の後輩がこんなに可愛いわけがない』にシフトしたのかな。『俺の妹……』の方の先の話も読んでみたいなぁ……
なんて思いつつ……。
もちっと、あやせさんの活躍、見たくて(笑)。


ま、なんだかんだ楽しめたので満足なコミカライズではありました。
いけださくら先生の次回作にも期待っ!

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。