読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

志村貴子先生『放浪息子』14巻 KADOKAWA / エンターブレイン 感想。

放浪息子 14 (ビームコミックス)

放浪息子 14 (ビームコミックス)

少しずつ将来を見据え始めた……そんな14巻。
高槻さんと有賀くんの方向性が定まった、
そんな印象かしら。


高槻さんは安那ちゃんの勧めを受けての活動から
自分の新たな一面に気づいて……という感じかしら。
迷いながらも、答えを見いだす、そんな感じで。
有賀くんの方は色々ありつつも、
二鳥くんを見ながら、自分のことを考えて行動に移して……
ちょっと振り幅大きい気はしますけれど(^^;)。
でも、しっかり自分で考え、先へ進む行動力は素敵だな、と
思ったことでした。


肝心の二鳥くんは……まだ整理がつかない、
そんな感じに見えるかな……。
よくも悪くも安那ちゃんがいる、というのは大きいのかしらん。
安那ちゃんが好きで、
でも女の子になりたい、そんな自分。
高槻さんは男の子になる、という道から自然とはなれる中で、
どこに落ち着くのか、といったところ。


途中参加の海老名さんをみていると、
どことなく二鳥くんのひとつの着地点を想像してしまって……
ユキさん的な落ち着きもあるけれど、
海老名さんのような先もありうる訳で。
なかなかに難しく。


ということで、勢いで最終巻へ参ります。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。