読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

『月刊ドラゴンエイジ』2016年1月号 富士見書房 感想。

comics

ドラゴンエイジ 2016年1月号

ドラゴンエイジ 2016年1月号

自宅近く……といっても隣駅の書店にて購入。
表紙は『トリニティセブン』と『神殺姫ヂルチ』!
『ヂルチ』は単行本2巻もリリースされましたしね。


付録の
『マケン姫っ! ヒロインズ2016年カレンダー』は、
コンパクトながらもカラーも美しく、中々の仕上がりで。
わりと実用的なアイテムかと。


今月号はチェックしている作品にお休みもなく。
『マケン姫っ!』はようやく決戦の準備が整い、
トリアージX』はいよいよ一般人も巻き込んだ展開になりそで、
『妹ちょ』は終盤戦なれど、緊張感というよりは
ふんわり展開が心地よく……と、満足な作品群。


そろそろ追加で読めそうな連載が追加されると嬉しいなぁ、
と思いつつ……って、普通に掲載されている他の作品も
何か試しに読んでみようかしらね。


ということで、チェックした作品、
ざっくり感想をば。

武田弘光先生『マケン姫っ!-MAKEN-KI!-』㭭拾肆話

「強者たちの理想郷」


ようやく大山タケルも表舞台へ復帰!
も、いきなりえらいコトになりそうな。
天日に現れたヤマトタケルと対峙……
総力戦になるのか、それとも?


ぼちぼち最後の戦い、になるのかしら。
もうひと捻りあるのかしら。
結構、終盤戦な感はあるのですけれども。


手強い相手ですし、
ヒロインが脱落することなくお話、
進んで欲しいな……と思ったことでした。

佐藤ショウジ先生『トリアージX』

CACE:7 Fatal disease V 鈍色の世界


ついに学校に……という、
大事件に発展するキッカケになりそなお話。
ページ数少な目なれど、
これからどうなるのか、えらい気になる。
そんな今回でございました。

的良みらん先生『神殺姫ヂルチ』第15柱

単行本2巻も発売♪ ということで
巻中カラーな『ヂルチ』。健康的なふとももがまぶしい!


本編は、なんとかゲーティアの襲来は退けたものの、
ちょいと秘密がひとつ明らかになりそになりまして。
んー、室姫さんの過去も、確かに気になるポイントで……
春臣くんとの関係にも絡んでくるかな?


お話としては、さらに核心へ進んでいきそうな雰囲気。
というか、このペースだと、
結構早いうちに終わってしまいそうな……
気のせいかな……。

松沢まり先生『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』Scene 49

「ありがとう…ユキちゃん」


記憶も戻り、美月、夕哉、ユキ姉、
協力して日和……ミィちゃんを救うために動き出した訳ですけれども。
ぐいぐいお話は進んで。


美月、夕哉は日和をお買い物に連れ出して。
なんだか、とてもあたたかな、
穏やかな場面でとても印象的な。
419ページはカラーで観たいかも。
美月と日和が一緒になったような……
って、一緒になってる場面なのですが(笑)。


ユキ姉は核心に迫るところまで来たような。
ここからどう動くのか、が見どころ、ですねー。
慎重に……なんだろうなぁ。

松林悟先生『漫画家先輩』第17話

そういえばTV出演の話、あったな!
と今回のお話を読んで思い出しました……
つまり、見逃しました、という話で(^^;)。
経験があってこそ? なお話になっており、
いつもにも増して楽しめました……が、
なんだ、この気になる終わり方は!
「2月号につづく」とはあるものの……
作品上のネタであることを祈るのみ、ですけれど。
心配しつつ、来月号発売を待つしかないですね。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。