読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

押見修造先生『ぼくは麻理のなか』7巻 双葉社 感想。

事態はさらに深刻に。
そんな7巻。


依さんが救われ、意外? 必然? な小森くんの告白もあり。
麻理さんへ、より近づく動きもあって、
好転しそうな兆しを感じつつ読み進めたのですけれども。
そんな、単純な話ではなかったなぁ、という読後でございます。


小森くんも麻理さんとしての生活に馴染んできた風もあり、
どことなく安心していたのですが。
麻理さんが戻ったときに自分がどうなるか問題、ね。
そこがネックで。


麻理さんの過去に迫るうち、暗い部分を覗き見ることとなり……。
お話として、きっちり進んでいるのはわかるものの、
なかなかに読んでいて厳しい、、
緊張感のある展開になってきました。
って、前からそうですけれども。


最後の場面は、ちょっと前向きになっていいのかな?
と思える印象を受けました。
が、油断できないのがこの作品で(^^;)。


8巻はどんな展開をみせてくれるのかしら。
と、読み終えた直後から期待、なのでした。


【2015/12/13 07:35追記】
同じ感想を二重投稿してしまっていたので
片方を削除。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。