読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

丸川トモヒロ先生『成恵の世界』3巻 KADOKAWA / 角川書店 感想。

各キャラクターもしっくりしてきた第3巻。
冒頭はカラーで体育祭! といきなりの大イベント。
健康的な成恵ちゃんにドキリ、です。


となりますと期待するのは
成恵ちゃんと和人くんの進展、なのですが、
意外なことに八木さんと丸尾くんの関係に焦点があたったエピソードで。
成恵ちゃんと和人くんとは違い、
八木さんと丸尾くんは幼なじみ。
お互いに過去を知る関係、ということで、
喧嘩するほど仲がよい、的関係のようで。
この体育祭話、絶妙な距離感が心地よく。
また、ラストのページがなんとも青春で、結構グッときてしまいました。


成恵ちゃん増殖話もまた、SFらしくて面白く。
例のカチューシャの故障、でふたりにわかれてしまって……。
そのおかげで? 自分を客観的にみて色々、というのは
なんともヒトゴトじゃないなぁ、と。
分裂しなくても、外から自分をみる視点は持たなきゃな、なんて。
まぁ、成恵ちゃんは可愛いだけのヒロインだけではない、
ということも実感。
わりと欠点も多いんですよね。
そこがまた、魅力でもあるのですけれども。


ほかにもバチスカーフの過去のお話やら、
前の巻に登場していたハルナの幸せエピソードもあり。
図書館のお話はもう、いいなー! の一言(^^;)。
これまた読み応えのある3巻となっておりました。
楽しゅうございました。
引き続き、読み進めて参ります。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。