読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

紺野あずれ先生『私立はかない学園』5巻 双葉社 感想。

左手不調だったり、仕事がアレあったりで更新滞り気味な12/21。
年末までに日付を実際の更新日に近づけたいな、と思う次第……
と、それはともかく。


『私立はかない学園』最終巻。
そもそもの発端、花緒会長に焦点のあたった、注目のお話。


ここまで完璧なまでに"はかない"っぷりをみせてきた会長。
しかし、ここにきて綻びが見え。
ちょっとズレてはいるものの、清楚、優等生なイメージの会長。
はかないでいてもスカートの中を華麗に守り通した、
そんな会長が、ある男性を目の前にしたところで……。


実のところ、ここまであまり語られてこなかった
会長の色々が詰まっておりまして。
ここに至るまで、
花緒って感情的になったことってなかったような。


そんな花緒から冷静さを奪ったのは"恋"……
だけれど、それに立ちはだかるのは厳しい親。
なんとも厳しい展開に諦めてしまいそうになる花緒だったものの、
それを救うのが夕夏で。
もう、強気、男勝りの印象の強かった夕夏が花緒のかわり?
に泣きまくり。
おかげで冷静になる花緒。
諸々に立ち向かうようになっていく様は、
なかなか悪くない展開でございました。


ちょっとひと騒動になるあたりは
感情移入が難しかったですが。
騒動のはじまりとなる花緒のとった行動も、
いくらなんでも……という感じでしたし。
着地するところは悪くないのですけどねー。


一応、ちゃんとおさまるところに収まり、
安心の締めでございました。
奇抜な設定の中での学園生活は思った以上に楽しく。
日常にこういう変化を混ぜ込んだ作品、というのもおもしろいのね、
と認識した次第。


最後まで楽しく読ませて頂きました。
紺野あずれ先生の次回作にも期待!

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。