読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

三部けい先生『僕だけがいない街』7巻 角川書店 感想。

Link:三部けい『僕だけがいない街』公式サイト|KADOKAWA
Link:TVアニメ「僕だけがいない街」公式サイト

職場近くの書店にて購入。
COMIC ZINで……とも思ったのですが、移動時間が惜しくて(^^;)。
待ちきれなかったんですよね。


一気読み、です。
いつもにも増して悟の視点が強め、というか。
モノローグが多めで。
考えがまとまっていく感覚が心地良いです。
また、他の登場人物のその後もチラチラと見えて安心してみたり。


そして、ゾクリとくる展開も……。
スッと入り込んでくる形での登場だったので驚きました……。
こちらが本題、なんですよね。


"AIRI"との関係は今後、どうなるのでしょうか。
表面的な感じですと、
悟は彼女とは区切りをつけたように見えたのですけれども。
ここは先を見てみないことには何とも、な部分で。


終盤は、近々、悟と真犯人が対峙することを予感させるような流れ。
ただ、悟は身体が思うように動かせない状態が続いていますし、
どのような形で決着に持ち込むのか、気になるところです。


ますます目を離せない展開になってきた『僕だけがいない街』ですが、
2016年1月7日深夜、フジテレビにてアニメも始まりますし、
今後の他メディアでの動きも注目、ですね。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。