読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

おおひなたごう先生『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』6巻 KADOKAWA / エンターブレイン 感想。

書店には既に並んでいたのですけれど、
Kindle版待ちだったので手を出せず……
ようやっと発売されましたので即購入。


正直、バカバカしい、と思いながらも
どことなく「なるほどー」となる内容は変わらず。
二郎ちゃんの生活にも動きがありまして、どちらも見逃せない展開に。
これからどうなるのかしら? という楽しみと、
どんな食べ方が登場するのかな? という期待。
満足しつつも先が気になる6巻となっております。


あと、やっぱりお腹すきますね、これ読むと(^^;)。
ということで、さらっと感想です。

■カップ麺のフタ 全部取る? 後篇

5巻からの続き、ですね。
私は迷わず取る派なのですが、
つけたまま派も一枚岩ではないことが発覚なところに驚き。
色々な理由があるんですね……。
挙句、最初に全部とる派まで!!
……驚いたのもつかの間、みふゆに論破されてしまう感じでしたけれど。


必ずしも手順に従う必要はない!
って、当たり前の筈なのに、
そんなこと、思いつきもしなかったなぁー。

■牛丼に紅ショウガ 入れる? 前篇・後篇

そもそも私、牛丼屋になかなか行きませんで。
たまーに行っても素直に食べてしまって。
紅ショウガをのせたこともなかったですが。
……こうして癖になっている様をみせられると、
何だか気になってしまいますよねー。
夜に読むと食欲を刺激されてヤバいです。


お話的には芝居に挑む二郎ちゃんの苦労が……
どくフラワーと役者の板挟み、というか。
そう簡単には行かない雰囲気で。
どのように乗り切るのかな……また、
芝居の演出家、焼野原氏が強力なキャラクターで
色々と巻き起こしてくれそうな。

■サンマのハラワタ 食べる?

食べる派、です!
やっぱり焼きたてを食すのが最高ですよねー。
んでもって、これまた炊き立てなご飯があれば……。


二郎ちゃんの食べられない理由ももっともですが。


お酒に合う、と言われたら、
試したくなってしまうなぁ……。

■餃子のタレ どうしてる?

実は私、どうすれば良いか知らなったので
かなり参考になりました(笑)。
家族で中華……というシチュエーションがなかったのよね……。


にしても、餃子のタレひとつで真理に迫る内容? で。
俺たちは自由だ! 的な。
色々試し(以下略)。


二郎ちゃんはピンチに……個性的だからなぁて……。

■レンゲでミニラーメン 作る?

これは……子供のころはやっていた気がするなぁー。
いまはホント、スープを飲んだり、
具材を食すときに使う感じですかね、レンゲ。


お話的には決裂したかに思えた焼野原氏と二郎ちゃんの和解、
そのキッカケがミニラーメン……という。
食のこだわりがある二郎ちゃんらしいエピソード、
なのですが、よっぽどじゃないとこんなツッコミされたら
そりゃ喧嘩になるよ(笑)、と思ってしまう(^^ゞ。


そこが楽しいのがこの作品なんですけどね(笑)。

■JINRO いつ飲む?

まさか、の飲むタイミング。
しかも結構凝ってて……
単純にグビグビいってしまうことが多いので、
こうやってちょっと工夫してみるのも楽しそうよね、
と思ったことでした。
が、ひとりでやるものでもなさそうですね……。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。