読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

古味直志先生『ニセコイ』21巻 集英社 感想。

ニセコイ 21 (ジャンプコミックス)

ニセコイ 21 (ジャンプコミックス)

待望の21巻、年明けのリリース。
ということでKindle版を購入いたしました。


"マリーへ"
タイトル的にも万里花一色? と言ってもよい一冊。
楽と南の島へ……というあたりから万里花、
かなり強引でしたが……って、それはいつもか(^^;)。


そろそろ全体的にもお話終盤なのか、
万里花のところには決着つきそうな雰囲気を感じつつ。
それではざっくり感想です。


★以下、ネタバレがありますので注意★

■マリーへ

今回は通して万里花のお話。
体調不良は最近、よく描かれていたのですが、
それをキッカケに実家へ連れ戻されて。
ざっくりとしかわからなかった万里花の家の事情も明らかに。
一筋縄ではいかない感が……
そして、難しいのが楽と万里花の……ですね。
ここが一番重要なのですけれども。
万里花からの告白を受けた楽は断ろうとするものの、
伝える前に万里花が倒れてしまい、中断。
そのまま実家へ強制送還、という。


実家へ行くことを迷う楽の背中を押すのが千棘、
というのはなんとも、ふたりの関係強化を思わせて。
他でもなんだかんだ、
一歩踏み出せないでいる楽をサポートする千棘の姿がありまして。
基本、万里花中心のお話なのですが、
なんとも千棘の地味ながらもキッチリと楽を助ける様が、
今後の展開を予感させるような……あとは気づくだけ、
というかなぁ?


万里花の母親とのやりあいは中々に大変そうで。
決着は次の巻になるようですが、
どのように納得させるのか、気になるところで。
楽と万里花との関係が今後、どうなるのかも引っかかりますね。
まぁ、楽がどうだろうと振り向かせて見せる! 的、
落着きになりそうな気もしないでもないですけれど……
んー、どうなるのかしら。


まずは、万里花救出作戦? の行方、ですね。
悶々としつつ、次の巻、発売を待つと致します。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。