読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

大西巷一先生『ダンス・マカブル〜西洋暗黒小史〜』1巻 KADOKAWA / メディアファクトリー 感想。

comics

Kindle版にて。
購入時はセールで少々、買い求めやすいお値段でございました。
紙の方は入手しづらいのかな……
内容的にも癖は強めなので、
数を刷るのは躊躇しそうよね、とは読んでみると思う。


もちろん、セールだったのもありますが、
購入に至ったのは作家さんに興味があったのが大前提で。
『乙女戦争』が面白く、追い始めており。そうなってくると、過去作も読んでみたくなりますよね。
在庫がなくなることがない、というのは大きいですね……。


肝心の内容は……ホント、好みがわかれるところだと思います。
”暗黒小史”とある通り、かなり暗い、と申しますか。
どのお話も死と繋がるお話ばかりで。
理不尽であったり、残酷、であったり、
どことなく漂う"正義"の気配であったり……。
死には至らしめないまでも、近しい感情の何かは、
身の回りにあるのかも、という気分になったり。
笑って読み飛ばせる作品ではないですが、
とても興味深く読める、そんな……。


ということで、収録作品の感想をば。

■「ジャンヌ・ダルク処刑裁判」前編・後編

いきなり飛ばしてるな、というお話で。
なるほど、こういうペースでくるのね……と思わせるには十分な。


ジャンヌ・ダルクの生い立ちだったり、
周辺状況から描くのではなく、捕らえられてから裁判にかけられ、
処刑されるまで……
迫力……というか、無力感をひたすら感じながら処刑の場面まで。


読後の感想は……もったいない!!
題材からして、ちゃんと長く描いてもらいたいなぁ、と。
ジャンヌ・ダルクを。
とは言っても、掲載してくれる雑誌なり媒体があって、
との話ですから難しいのは重々承知なものの。
……バッドエンドが約束されたお話、ですから、
さらに厳しいでしょうけれど、もっと前段から読みたかった。
そんな短編でした。

■「残虐皇帝カリグラ」前編・後編

良い塩梅で狂っている、というのか何なのか。
どこかしら、正気を保っていて……のラストなのかしら。
隊長に肩入れしつつ読み進めましたが、
なんともつらいお話で……。

■「スペイン異端審問」前編・後編

異端、って日本では耳慣れない感じでありますが。
これもしんどく……
どのように拷問を正当化して受け入れていくのか。
その過程が……
誰でもこのように残虐な行為を正義、として
疑問を感じずに行えるようになるのか……
と、妙な納得を感じつつ。


今の世界的なニュース等と照らし合わせ、
あまり、人類は成長していないのね、と。

■「鮮血の貴婦人」前編・後編

これを読むまで知らなくて。
検索してみると、ドラキュラのお話のベースになったとか、
ならないとか……。
タイトル通り、血なまぐさいお話で。
真骨頂? なのかも。
狂気に飲み込まれていく感覚がなんとも……。

■「十字架のイエス」前編・後編

あのイエス様のお話。
聖人、というよりは親しみやすいフリーダムな方、
そんな描かれ方で、ちょっと"を?"と思いました。
視点は従者の女性なので、
客観的なところで観ることが出来。


十字架がどういう刑なのか、
どのように死に至るのか、も詳細に描かれておりまして。
死刑って、昔は苦痛をいかに与えて死に至らしめるか、で、
近年はいかに痛みを和らげて死を迎えさせるか、
なところが……って、国によるところも多いでしょうけれど。
『図説 死刑全書』を思い出しつつ読んだことでした。

図説 死刑全書

図説 死刑全書

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。