読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

いけだたかし先生『34歳無職さん』7巻 KADOKAWA / メディアファクトリー 感想。

comics

待望の第7巻! Kindle版も紙と同時発売で素直に嬉しいです。
お話もこの作品的にはかなり動いて……。


ここまでは無職さん視点でお話が進んできた訳ですけれども、
今回は周辺……
元旦那だったり、娘ちゃん、実家なども多めに描かれていて。
1年期限の無職生活も終わりに近づき、
いよいよ、人にとの関係性に焦点が当たってきた。
そんな印象で。


どことなし、無職さんがひとり、1年の生活をする、
と決めたのは、家族はもちろんのこと、
その他の人間関係もリセットして、
ゆっくりしてみたかった、というのがあるのかしら……
などと思ったりもしながら。
って、そうしたいのは、私の願望なのですけれど(^_^;)。


できるだけ人と関わらないように、と思っても上手くいかないのは、
無職さんを見ればわかりまして。
自然、住んでいるアパートに知り合いができてしまったり。
人との間で、どのように無用なストレスを抱えずにやっていくか……
なのかなぁ、なんて。


……まぁ、なんだろう……
こういう時間、って欲しいよなー、などと思いながら頁をめくり。


制限時間もあってか、いよいよ腰をあげた無職さん。
元旦那に娘ちゃんもわりと深く関わるようになってきて、
ぼちぼち重要な局面も予想される流れを……
と、あとがきを読むと、なるほど、なのでした。


さて、どうなりますかねー。
ここまでの感じからすると、
娘ちゃんとの関係、が一番大きくお話に影響しそうで。
どのような落とし所となりますか。
第8巻、締めに期待でございます。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。