読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

2016-01-30(Sat.)enchantMOON Crew Meeting 2016 国際ファッションセンター 感想。

gadget

Link:enchantMOON ; The Hypertext Authoring Tablet
Link:enchantMOON S-II販売終了とCrew Meetup2016のお知らせ | enchantMOON News- enchantMOON; The Hypertext Authoring Tablet
Link:enchantMOON Crew Meeting 2016 - connpass
Link:国際ファッションセンター株式会社|産業支援ホームページ|東京(墨田区)


昨日、墨田区、両国の国際ファッションセンターにて行われた
"enchantMOON Crew Meeting 2016"に参加してきました。
enchantMOON関連の講演にライトニングトーク、
次期タブレット? S-IVBシークエンスについての発表、
と、面白そうな内容でしたので、思い切ってお出かけ、と。


時間としては4時間の長丁場。
集中力がもつかしら、と当初は心配していたものの、
どのお話も興味深く楽しめまして、あっという間に感じられ。
大満足、なイベントでした。
また、肝心のS-IVBシークエンスの発表についても
先々の展開を期待させる内容でした。


ということで、それぞれのお話の感想を軽く。
enchantMOONでメモをとりつつ楽しみましたが、
間違い等ありましたらすみません……
私視点で観、聴いたお話でございます。
各タイトルについてはconnpassのページに掲載されていたもの、
となります。

■基調講演 後藤禎祐(株式会社テイユウゴトウ)

コンピュータのデザイン論。
PlayStationシリーズ、コントローラ、VAIOなどのデザインのお話。
何の気なしに遊んできた、
使ってきたモノに込められたものを知ることが出来。
ロゴマークの配置の気遣いなどは、言われてみれば……という。
わりとハードに限らず、こういうのは大事なんでしょうね。
PS oneのお話をされていたときの
"人間に近いものは丸く、壁に近いものは四角く"
というようなコンセプトも面白く感じられました。
人との距離、使い方と形、って大事なんだな、なんて。
VAIOのネーミングの色々も……
SONY本体からは切り離されてしまいましたけれど。
enchantMOONのお話自体は少なかったものの、
興味深いお話を聞くことができまして大満足、でした。

■ライトニングトーク:「次期enchantMOONはVRデバイスになる!?」橋本和幸(NVIDIA)

これからはVR。オンライン教育にもVRを取り入れて……
しかしながら現状のVRでノートをとることは難しい。
そこで、enchantMOONがペンのみの形に進化し、
VRでノートをとるような形に……というようなお話。


ノートとれない、というのは言われて初めて気づきました(^^;)。
未来のひとつのカタチ、として面白かったです。
文房具としての未来図。
VRって普及するのかなぁ……。

■ライトニングトーク:「俺の考えるロボット版enchantMOON」今井大介(アスラテック)

現状、人はロボットに使われている。
カーナビに人はいいなりになるし、
お掃除ロボットを買うと、ロボットの邪魔にならないよう部屋を片付ける。
次の、ロボットとのより高次な共同作業を目指すにあたり、
ビジュアルプログラミングで機能拡張ができたら……
と考えると、ロボットとenchantMOONは相性が良い、
というようなお話。


お掃除ロボットまわりのエピソードには思わず笑ってしまいました。
思い返してみると、ロボットに限らず、
私もモノに生活を合わせているようなところが多々あり。
個人的にはまったくプログラミングできないので、
まずはそこからなんとかせんとな、私……と思った次第。

■ライトニングトーク:「9分間メソッドで変わるプログラミング教育」土屋夏彦

子どもへのプログラミング教育が流行している。
人気ではあるが、決め手を欠いている印象。
UEIもプログラミング教育を始める。
”9分間メソッドで学ぶプログラミング教育”
プログラムには読解力、英語、数学など多様な知識が必要となる。
9分は、子どもが我慢できる時間。
3月から開講、とのこと。


素直に面白い、と思いましたし、
子どもにはもちろん、
おとな向けに、気軽にイチから学べるコースがあったら
参加してみたいなぁ……と。

■ライトニングトーク:「アナウンサーのための手書き端末としてのenchantMOON吉田尚記(ニッポン放送)

アナウンサーはプログラマに近い。
話したことに対してのリアクションがある。
番組は”プログラム”だ。
今でもスタジオ内は手書きメモとPC。
enchantMOONで全てをできるようになれば、
ラジオ番組もひとりでできるようになる?
関わっている人が少ない方が人に伝わる。
enchantMOONなどの進化で?)
ラジオや、創造性のある仕事が進化する……とのお話。


さすがは言葉で伝えるお仕事の方なだけに、
お話も面白く。間合いもバッチリ、でした。
勢いがあった、と申しますか。
内容としましても、
端末の進化に期待したくなる、というようなものでした。
具体的なものは感じられませんでしたが、
未来に期待したくなる、そんな。

■ライトニングトーク:「文系人間の僕がenchantMOONと出会って変わったこと」後藤大喜

enchantMOONの開発に関わることになったものの、
肝心な手書きが苦手なため、enchantMOONでのプログラミングに専念……
というようなお話。


デモもあったり、直前の3秒のお話の絡みもあり、
楽しめたお話でした。

■ライトニングトーク:「HyperCardenchantMOONとプログラミング」蒲地輝尚(mokha)

enchantMOONとはHyperCardである。
お絵かき、データベース、プログラミング……と、
自分用ソフトを簡単に作れる。
enchantMOONに加えて欲しいものは、"AI""ビックデータ""IoT"。
AIに何を学習させ、認知させるか。
AIプログラミングの楽しさを全ての人に……というようなお話。


正当進化な未来像、な印象。
ちょっとプログラミング重視、で。
こうなってくると、ハードの方にパワーが欲しいかも、ですね。

■ライトニングトーク:「ExaScale Computing時代のBMIデバイスとして次期enchantMOONに期待」齊藤元章(PEZY Computing)

サーバ側が超高性能に。
入力からの情報収集、解析か可能となり、
使用者の状況からの最適化などが可能に。
enchantMOONはBrain-machine Interfaceになる?
……というような……。


脳に貼る、みたいな話もあったような。
だんだんSFの世界が身近になってきているんだな、と実感。
……いや、もうスマホが手にある時点でSF、な気もするのですけれど。
想像できるものは実現できる、
とも申しますし、こういう未来もあるのかなぁ。

■ライトニングトーク:「教育現場におけるenchantMOON」酒井春名(品川女子学院)

中学校ではプログラミングが必修。
プログラミングは「設計」と「実装」。
「実装」は中学生には難しいため諦め、
どうやって動かすのか、の「設計」重視で、とのこと。


授業でつくったゲーム等、動画もはさんでのお話は面白く。
画面上から降ってくる熊を車でひき殺すゲームとか(^^;)。
enchantMOONというよりはMOONBlock寄りの話の印象でしたが、
これはこれで面白かったです。
それにしても、プログラミング必修か……
学校の先生も大変……と思ったことでした。

■ライトニングトーク:山崎篤(コクヨ

タイトルは"紙のノートとenchantMOON"だったと思います。
アナログからデジタルへ。
スマホで撮影してデジタル化するノートを発売。
Evernoteにアップされるノート、
そして、CamiApp Sへ。

enchantMOONは文房具とPCの境界線。
……というようなお話で。


シリアル番号2桁のenchantMOONを持っておられる、
とのことで……凄いレアモノ!
enchantMOONが文房具かPCか、を分かつのは
使用者であったり、使う場面によるんでしょうなー。
私は現状は完全に文房具、で。
メモをひたすらとっていく、という。
未来像としても、やっぱり文房具とPCの境界を突いてくるのかどうか。
気になるところですね。

■トークライブ:遠藤諭×シン石丸「結局、次のMOONはどうなるの?」

なにやら色々な話がでてきていて……
今後は人の表情・顔認識が重要に、ですとか、
手が重要な意味をもつ、であるとか、
そのあたりのお話が印象深かったです。
ホントに、ここまでの話を踏まえてのトークになっていたら
かなり面白かったのだろうなぁ……と。

■S-IVBシークエンス:清水亮(UEI)

enchantMOONとは?
次世代のコンピュータを目指した。
今のコンピュータには希望がない。
次世代は、軽くて速くなる事ではない。
人間性の拡張 Human enhancement


PCの利用目的、今は殆ど資料作成。
Webとメールはスマホで可能。
知的生産のほとんどはOfficeでされる。


資料作成に20年間イノベーションはない。
Word等はボタンが多すぎ、古く見える。
既存アプリは直感に反することが多い。
Officeは増築で全機能が不明。
……では、手書きによる資料作成ができれば?
文字から画像検索ができれば?
ただ、問題点がある。誰が何に使う?
"誰もが眼鏡のように機能拡張できるものを"


考える→書く→発想する
思考プロセスそのものをサポートする。
思考拡張機械。
次世代機には多様性が必要。
ユースケースを集め、実用レベルに作り込む。


……というようなお話だったでしょうか。
知的生産に特化する方向性のようなのは、とても楽しみに思います。
手書きでメモをとって、整理して、考えをまとめて……と、
よくしていますので。
ToDo管理などもしやすいと面白いかもなー、と妄想も膨らみ。
開発に際しては、参加者の中から選び、実際に使ってもらって……
というお話もありまして、開発体制も興味深い感じで。
実用性を高めていくプロセスもしっかりしていそう。


最後にはスクリーンに
2017 CODENAME:Discovery
(だったと思う)
とも映し出されまして、期待も高まるところで。
腰を据えて作り込む段階、なのかも、ですね。


次世代機はもう少し先になりそうではありますが、
期待しても大丈夫そう……と思わせる清水社長のお話でした。


※2016/01/31 16:40 文字化けを修正しました。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。