読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

オジロマコト先生『富士山さんは思春期』8巻 双葉社 感想。

富士山さんは思春期(8) (アクションコミックス)

富士山さんは思春期(8) (アクションコミックス)

富士山さんは思春期 : 8 (アクションコミックス)

富士山さんは思春期 : 8 (アクションコミックス)

完結、です。
先日、Kindle版『漫画アクション【無料連載版】』を読んでいましたら
最終回を先に目にしてしまいまして(^^;)。
基本的に単行本派としては不意打ちで……
と、終わるコトを知りつつ読んだ8巻。
なかなかによろしゅうございました。


中学3年といえば進路も大事ですけれども大きなイベントがありますよね。
修学旅行!
ということでお話の中心は奈良、京都への修学旅行。
富士山さんと上場くん、班は別になってしまうものの
色々あって一緒に行動することに……
付き合いは長いふたりですけれども初々しさは健在で。
なんともな距離感を保ちながらの名所めぐりは
読んでいてもドキドキです。
こういう修学旅行、夢ですねぇ……。
そして! な展開もあり。
きっちり収まるところにおさまった、そんな感じ?


誕生日エピソードもなんともほっこりで○、でした。
素敵な、ほのぼのな。
甘々、なのですけど嫌味のない。
立派な恋人同士になった、そんな印象を持ったのでした。


最終話。
連載の方で読んだときはなんとも物足りない感じを受けたのですけれども、
こちら、単行本の方は余韻が印象的で。
まだまだ続く富士山さん、上場くんの日常への想像を
静かに掻き立てられる、そんな……。
お話がきっちり締まった感じはありませんが、
こういうのもありなのかな、と思ったことでございました。


正直なところは、もちっと先、読みたかったですけどね(笑)。


最初は無料連載版から読み始め、結局はKindle版を買い集めて
完結までお付き合いしました『富士山さんは思春期』。
とてもたのしゅうございました。
オジロマコト先生の次回作にも期待、ですね。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。