読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

阿部潤先生『忘却のサチコ』5巻 小学館 感想。

comics

忘却のサチコ 5 (ビッグコミックス)

忘却のサチコ 5 (ビッグコミックス)

先月、店頭で『忘却のサチコ』5巻を見つけまして。
「おおっ! 刊行ペース早!!」と思ったのですが、
発売1ヶ月遅れのKindle版を読んでいるので、
微妙に感覚がズレているんですよね(^^ゞ。
4巻読んだタイミングから考えると早いのですけど、
紙版って、私が読む1ヶ月前にリリースされている訳で……。


ともかく本編でございます。
今回も困難? な仕事をこなしながらも
様々なご飯を頂くサチコさん。
そこでしか食べられないもの、庶民的なもの、
バリエーション豊富なのは嬉しいところ。
特に5巻は遠出が多めですねー。
福岡、キャンプ、高知と。
出張と言えば、大抵、癖の強い先生方と一緒になる訳ですけれども……
そのあたりの騒動? も見どころで。
そりゃ、美味しい物でもやっていけないよね、と思うのでありました。


お話的な見どころはキャンプエピソードでの
サチコさんと梶くん、でございまして。
以前、このふたりのエピソード、ありましたしね。
どういう距離感をとるのかな? と。
結果としては、らしいところに落ち着いているように見えて。
安心、というかなんというか。
しかしサチコさん、今後どうするのかなぁ。
まだまだ彼の影に囚われている感じがありますしね……うーむ。
美味しいものも気になりますが、
こちらの恋愛系ラインも軽く意識してしまうのでありました。


ということで、お話的に満足しながらも、
読んでいてお腹がすいてくる……そんな5巻でございました。
やっぱりこの手の作品は空腹との闘いになりがちですよね(^^ゞ。
次巻も美味しいご飯を色とみせてくれることを期待しつつ。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。