読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

石田敦子先生『球場ラヴァーズ3-2』少年画報社 感想。

comics

広島東洋カープを観客席の側からみるシリーズ『球場ラヴァーズ』。
ついに完結、です。
6年間にもなるんですね……この間にも色々あったなー、
なんて思いながらの『3-2』。フルカウント。
次は勝負の一球。


ここまでのシリーズのヒロインたちのその後が、
2015年のシーズンに沿う形で描かれて。
悩みつつもカープを応援し、
一歩ずつ確実に進む彼女たちはとても力強くて。
そして、可愛いのよね。
基町姉さんも幸せになってよかったなー、と。


心に残るセリフもあり。

"負けてるけど 努力が無駄になった場面じゃないもの
負けと 失敗 違うやん"
45-46頁

"無理に好きを終わらせることないですよ"
167頁

読み返すたび、また別のセリフに惹かれるのだと思います。
今回は上のふたつにグッときたのでありました。
生活に沿っていてくれる作品だから、
また独特の感動があって……。


単行本、最後のほうのつくりも素敵でした。
飛び立つような、飛翔感のある、というか。
終わる、というよりもこれから、な。
それはそうで。
プロ野球も、広島東洋カープも続いていくし、
彼女らのこれからもあるし、
私たちも応援し続ける訳で。
素敵な読後のあたたかさを残してくれる、そんな。


石田敦子先生、6年間、おつかれさまでした。
このシリーズに触れ、
カープも、プロ野球も、一層好きになりました。
帯にある『野球+プラス!』も楽しみにしております。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。