読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

水谷フーカ先生『14歳の恋』6巻 白泉社 感想。

14歳の恋 6

14歳の恋 6

桜の開花のニュースも散見、な最近。
水谷フーカ先生『14歳の恋』6巻の表紙は秋! でございますが、
ちょっと照れつつ歩くように見える和樹と彼方は、
なかなかに良い雰囲気で……暖かさを感じますね。


さて、肝心の内容ですが、
修学旅行に学校祭と、大きなイベントごとが続きます。
6巻収録の修学旅行エピソードは和樹と彼方が中心で。
周りに気を遣いつつも距離を近づけていくふたりが
なんとも微笑ましく。
慎重に、大切に。
学校祭については長井くんと日野原先生の関係にクローズアップ!
ですが、長井くんは自分の気持ちに気づいていないし、
日野原先生は気付いているものの、
やはりそのポジションから上手く動けない感じ?
このもどかしさ、悶々とした感じと、
表向きとのギャップが味わい深いです。
日野原先生、最高!


ちょっと別視点で眺めるIntermissionも面白く。
周辺の恋もなかなか切ないのです。


彼方の身体測定エピソードは女の子らしい、というか何というか。
びくともしない和樹だったり、
ビシッと締める保健の先生が○、なお話でした。
この先生がまた、他の場面でも活躍? でしたけれど……
これからも結構活躍するのかしらん、気になるところです。


ということで、少しずつではありますが進展しているようにみえる
和樹と彼方、長井くんと日野原先生ですけれども。
ここから先、どうなるのかしら。
ぼちぼち、進路も考えなければならない訳で。
ますます面白くなってきそうですよね!
と、先々に期待しつつ、
積んでいる『楽園』本誌を読まねば(>_<)。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。