読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

古味直志先生『ニセコイ』22巻 集英社 感想。

ニセコイ 22 (ジャンプコミックス)

ニセコイ 22 (ジャンプコミックス)

"マンナカ"
ということで、21巻から引き続きの万里花エピソード。
ひとつの区切り、にはなっていると思いますし、
それだけにど派手な展開でございまして。
鶫と本田さんも大活躍……なので、そういう方向性で派手(^^;)。


万里花については、らしい感じで。
なんだろう……強い女の子なのね、と。
そんなことを思った22巻。
感想をば。


★以下、ネタバレがありますので注意★

■万里花救出作戦!

第189話 ケッコン
第190話 サラッテ
第191話 オマタセ
予定を繰り上げての挙式のため、
移動中の万里花を救う……
という手段はとれなくなった楽たち。
そうなれば……直球勝負ですね(笑)。
こうでなければ! そんな。


楽も、万里花への姿勢をハッキリさせて。
悪気も何もなく、
それでいて、必死に向かってくれるのですから
万里花も惚れる、というものなのかもですね。


何気に万里花の旦那さま候補の方も
そんなに悪い人ではなさそうで。
顔をみせないように描かれたのは、
変に意味合いというか、余計な印象をもたせない、
とか、そういう感じなのかしらん?

■本田さん!

第192話 シジョウ
第193話 トビタツ
万里花と本田さんの関係がグッとくるエピソードで。
このお話に決着をつけるにあたって、
本田さんは避けて通れないですしね。
ふたりの絆みたいなものも感じられて……
アクションも見応えございました。
鶫との共闘も素敵でした。
ニセコイ』では最強のコンビかな?

■解決。

第194話 ヒトツモ
第195話 マンナカ
最後の壁は万里花の母、となるのですが。
そこは例のコワイ親父さんや万里花の頑張りが功を奏して。
ちゃんと楽とサシで話す場面が設けられたのは良かったな、と。


万里花も最後にきっちり良い仕事を(笑)。
楽も、千棘と小咲を意識せずにはいかないですよね、
こうなってきますと。
……波乱、というよりは、
当面、楽の葛藤、悩みになりそな予感でございます。
が、『ニセコイ』なのでどうなるかしらん。

■千棘と小咲。

第196話 ガンバル
第197話 ゲンキニ
万里花の影響を受け、楽らしく、
千棘、小咲を見事に意識するようになり。
ヒロインふたりも、ちょっと踏み込んでくるように。


先に動き出したのは千棘。
小咲は立ち位置の確認? みたいな感じ。


千棘エピソードは、らしい展開で(笑)。
楽を元気づけようとして空回る(^^;)。
久しぶりにこういうの見たような……
そして、可愛い。
オチは……まぁ、らしいといえばらしくて(笑)。
確かに次が気になって仕方ない締めではありました!

■オマケ? マジカルショコラティエ春ちゃん

本編では出番のなかった春ちゃん
おまけで登場でございます。
ページ数は少ないですけど、
春ちゃん可愛いので許す!

★総括★

万里花が退場するとは思っていなかったので
かなり驚いた22巻、でした。
おそらくは最後の万里花メインエピソード……
それに見合うだけの密度はあったかな、と思います。
らしい感じの大立ち回りでしたしね。


これからはちょっと寂しくなりますね。
その分、楽と千棘、小咲の関係に焦点、
なのでしょうけれども。
……あ、難しいとは思いますが、
個人的には春ちゃんにも頑張って欲しいんですよね(笑)。


いずれにしましても少しずつ、
着地点も意識する展開になってきているのは間違いないところで。
千棘と小咲への気持ちを嫌でも意識しなければならなくなった楽。
ペンダントと鍵の話もありますし。
ラストスパート、になるのかな?
今後の展開にも注目、でございます。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。