読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

二宮ひかる先生『セカンドバージン』芳文社 感想。

comics

Kindle版にて。
二宮ひかる先生作品だし、紙で……とも思ったのですが。
正直、紙で読み返すことは殆どなく。
電子書籍はわりと何度も読むので、
作品を楽しむことを考えるとー、という塩梅で。


それでは収録作品の感想をば。
ん〜、満喫いたしました。

セカンドバージン

#1 誰か彼女を知らないか
押しかけ系?
微妙な年頃の独身男・神崎トモヤ。
そこへやってきてはご飯食べたり、酒飲んだり、
泊まったり、な同い年? な従姉妹のユウコさん。


ユウコさんも過去に色々と抱えていて……と。
でも、頼られるのをどことなく感じると、
悪くない気もしてくる……かな?
そんな始まりのお話。


#2 彼女は何をする人ぞ
ユウコさんとトモヤくんの間柄、過去のお話。
年に数回会う程度の関係だったり……
まぁ、いとこってそんな塩梅で。
ふたりの立ち位置のわかるエピソードで。


ある程度、飲み込めたところで登場するその人は……
ぞわり、とする気持ち悪さがあり……
変に生々しいのですよね。
すごいなぁ……。


#3 何が彼女をそうさせた
諸々あって追手?
に対峙したトモヤくんですけれど、
落ち着いたユウコさんが冷静に対処してなんとか危機を脱し。
パッと見、情けない感じにも見えますが、
きっちり評価してくれるユウコさんは素敵よね。


……まぁ、トモヤくんは体調も色々あったっぽいですけれども。
看護師のユウコさんの看病も受けられて、
観ているぶんにはハッピーに見えます。


つか、当たり前ちゃそうなのですが、
一人暮らし始めてから看病なんてされたことないです(笑)。
ぐは。


#4 セカンドバージン
素敵な結末。
やっとこさ、というか、何というか。
彼女の笑顔にドキッとしましたし、
何か柔らかい感触がするお話で。


ともかく、おさまるべきところに。
安心したことでありました。

■君の名は

タイトル通り? 名前に関するお話。
急展開に素敵なオチ。
なるほど、納得(笑)。
それほど深く語られる訳ではないけれど、
このふたりの関係にはちょっと憧れます。

■くじら

くじらテーマのショート集?
見開きの迫力、これがなかなか!
少し不思議なお話ですけれども、
味わい深い、独特の読後感がよろしゅうございます。

■7年ごとの彼女

最初のセリフが強烈なインパクト(笑)。
テンポよく進むお話も好みで。


そして。
こういう二人というのも素敵だよなー、と。
色々な形があるのですね……
当然といえばそうなのですけれどもね。

■寝室の猫

お話のかたちとして昔話ちっくなものを感じつつ。
手触り、というかなんというか……。
夫婦のお話なのですけれど……
奥さんとの距離感がなんともいい塩梅な。
色々と不安を感じつつも、
気持ちに整理をつける感じがよかったです。

ハヤブサ

かなしく、綺麗。
空に溶ける感じ……。


なんですか。
事情は色々あれど、想い出にするほかなくなる。
そういう別れ。
ここからは知らない貴女になってしまうけれど、
ただ、幸せに、笑っていてほしい。


などと、思ったことでした。
ある意味、刺激的な作品でありました。
色々思い出してしまう。

■ユウコの手記(セカンドバージン後日談)

絵的には大正義の三つ編みなのでアレなのですが、
とてもフラグが立っている気がしてならなくて、
不安になる後日談なのでした……
ふたりの、とても良いエピソードなのは間違いがなくて、
そこはどうこう言う気はないのですけれどね。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。