読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

志村貴子先生『青い花』4巻 太田出版 感想。

青い花 4巻 (F×COMICS)

青い花 4巻 (F×COMICS)

青い花(4)

青い花(4)

杉本先輩の留学し、喪失感をどこか感じる……
とか言いたかったのですけれども、
強力な明るさとひとなつっこさで周囲を引っ張る? 巻き込む?
新入生の春花ちゃん登場!
ともすれば暗くなりそうなところ、
この娘のおかげで助かっているような。


お話的には新たに演劇のお話が動き出し、
そこに万城目さんも大いに巻き込まれ。
当然、奥平さんも絡んで、と。


奥平さんの方は、
ずいぶんと万城目さんを意識するようになってしまい。
恋の予感? 友情?
微妙な距離感ではありますが、
意識しはじめると大変、ですよねー、こういうのって。


4巻で一番お気に入りの場面は、
岡女子を訪れた春花ちゃんが
例の? 三人組に声をかけるところ、ですかねー。


132-133頁の
「2年生の万城目さんという方を
 ご存知ではないでしょうか」
「ご存知もなにも 同じクラスでございます」
「ホントですか!?」
「このひとだけちがうクラスです」
「今ゆうことじゃないだろぉ」
という(笑)。
ちがうクラス、というのはモギーですね。
こういう場面ですんごいキャラクターが活きてるのって
イイよなー、と思うのでした。
つか、ほんとこの三人組、いいよなー。


お話的にはぼちぼち、道筋が……
という感じでしょうか。
いよいよ、万城目さんと奥平さんのお話に?
どうなることやら……
ゆっくり読み進めて参ります。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。