読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

志村貴子先生『青い花』6巻 太田出版 感想。

comics

青い花 6巻 (F×COMICS) (Fx COMICS)

青い花 6巻 (F×COMICS) (Fx COMICS)

青い花(6)

青い花(6)

気になる新作も発売されておりますが、
買いに行く時間的、体力的余裕もなく、
Kindle版も出ず……(T_T)。
ということで、終盤の『青い花』6巻でございます。


春花ちゃんのおじいちゃんが営む旅館エピソード。
いやー、ほんとに素敵そうなところで……
そこで近づく奥平さんと万城目さん。
だんだん奥平さんの心が動く感じ?
さらに、お泊まりで決定的になって……と。


意外? だったのは
わりと万城目さんが"触れたい"欲求があるところで。
そこと、奥平さん……あーちゃんを大切にもしなければ、
という狭間で悶々とする様が何とも。
奥平さんもそのあたりには気がついている風で。
んー、どうするのでしょう。
杉本先輩との失敗? もあり。
また、幼なじみ、親友である、
というところも壊したくはなくて、と、
これまでの関係も絡むので、さらに難易度は高そうで。


それでも先へ進もうとしたふたり、
どうなるのでしょう。


奥平さん兄とモギーの方も何だかんだで進展?
親戚に紹介したりと面倒なことになっている模様で、
これはこれで微笑ましく。
奥平さんはやりにくいでしょうけれども(笑)。


井汲さんは……こちらもどうなるのでしょうね。
杉本先輩も帰省されて。
少しは何か動くのかしらん。
気になるところでございます。


そいえば、何気に『若草物語』にはついていけておらず……。
作品読み切ったら改めて再読してみようかしら……むむむ。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。