読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

冬目景先生『新装版 LUNO』講談社 感想。

新装版、です。
旧版は古本で購入していましたが積んでおりまして、
今回が初見、です。
旧版についてはKindle版もリリースされていますね。旧版、紙の方もかなり立派なつくりの本だったのですけれども、
新装版もなかなかに満足できる造りになっておりまして。
表紙もしっかりしておりますし、大きいのが嬉しいところ。
……って、最初は「うわ、デカっ!」という感じだったのですが(笑)。
いざ、読み始めてみると大きく冬目景先生の作品を楽しめるのは
これまた贅沢な感じで。


お話の方も魅力的で。
これまで積んでいたことを後悔してしまうくらい……。


母親とふたり暮らしのティートは、
ある日、パン泥棒をして駆けていく少年を目にする。
田舎町、見知らぬ者は目立つもの。
どことなく気になっていた。
ふとしたキッカケで彼の方から声をかけられ、
知り合うこととなるのだが……。


という冒頭。
偶然の出会い、ではありますが、
魅力的な彼につい惹かれてしまってお話に引き込まれました。


怪しいお屋敷だったり、儀式……
ベースになっているお話が色々とありそうですけれども、
上手く組み立てられている感じで。


不死への向かい方がなかなかに面白く。
124-125頁のやりとりも印象深くて。
ティートと彼の別れが悲しかったかな……
余韻を残す終わり方は悪くないと思うのですけれども。
らしい、といえばらしいし、
好意があるからこそ、なのかしら。


あとがきにありますが、
キャラクターを一部引き継いだ続編の予定が当初、
あったそうで。
んー、勿体ないですね。
読んでみたかったところです。


物足りなさは少しあるものの
一応、お話はまとまっておりますので、
冬目景先生ファンはもちろん、表紙に惹かれたならば
読んでみて損はないかと思います。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。