読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

蒼樹うめ先生『微熱空間』第1巻 白泉社 感想。

Link:楽園 | 白泉社

微熱空間 1 (楽園コミックス)

微熱空間 1 (楽園コミックス)

秋葉原COMIC ZINにて購入。
他作品を買いに出かけたところ、
少しばかり早めに店頭に並んでおりまして。
ラッキーでございました。


白泉社は『楽園 Le Paradis』に連載されておりまして。
お気に入り作品のひとつ……ですので、
この単行本発売も楽しみでした。


表紙を飾るは亜麻音と直耶のふたり。
つん、とした亜麻音、
どうしたものか、という雰囲気の直耶が印象的です。
印刷も良い塩梅で。
そこはさすがの『楽園』のコミックス。
開いてすぐのカラーイラストだったり、カバー裏も注目、です。
亜麻音がとっても可愛いです♪


本編は……同居型ラブコメ、ですね。
親の再婚によって、という、ちょっとありがち? な。
私の好きな作品ですと、
松沢まり先生『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』が
親の再婚で同居、なスタイルで。


ただ、『微熱空間』は、
ふたりが同学年、同い年なのが特徴。
しかも、お互いも学校も違い、微妙な距離感。
これがなかなかに良い塩梅で。
近くて、ちょっと遠くて。
同居することになったものの、
まったくしらない生活空間があって。
どれくらいの間をとったものか、
戸惑いつつ、互いに気になって……んー、たまりませんね。


第1巻ですし、恋愛までの発展はありませんが、
何だかんだで気を遣いあうふたりは、
観ていて微笑ましくて。
あと、羨ましくて(笑)。こっちがメインか(^^;)。


若干の百合成分も含みつつ、
これから先が楽しみになる作品、でございます。
表紙にピン! ときたら、
手にとってみても後悔することはないでしょう。


ふたりの今後を妄想しつつ、次巻を待つといたしましょう。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。