読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

Kindle Oasis使用開始。軽く感想をば。

gadget

予約開始直後、午前4時台に予約したにも関わらず
"お届け予定日: 2016-08-09 - 2016-08-11"
Amazonからメールが来たKindle Oasis
結局、4/27に発送されまして。
Voyageのときも似たような展開でしたので
もしかして……と思っていたら(^^ゞ。


4/28、最寄りのローソンにて受け取り。
保護シートはAmazon認定のこちらにしました。今回は物理ボタンがあるので楽に貼れるかしら?
と思いきや、さにあらず。
逆にボタンにシートの穴がうまくハマらず、
貼り直すうちにホコリが……
テープを使って埃と気泡を取り、それなりには仕上がりましたが、
なかなかに注意が必要です。


肝心の使用感。


さすがに悪くはないです。
物理ボタンは左右の手、どちらで持っても操作しやすく。
上下、押しやすいのは有難く。


気になっていた重量……
Voyage Wi-Fiモデル 180gに対し、
Oasis Wi-Fiモデル バッテリー内蔵カバー込み 238gと、
事実上の増量となっておりまして。
影響が大きいのでは? と思いましたが、
実際に使ってみるとそれほど重くなった感じも受けず。
端末の小ささ、手に収まる感触がそう思わせるのでしょうか。


画面の方はVoyageとの違いは殆ど感じられず。
VoyageとOasis
同じコミックスを表示させてのページ送り比較などもしてみましたが、
私には差はないように見えました。
若干、色味だったり、明るさの癖が違うかも、
程度はあるかと思ったものの、
誤差、というか、好みの範囲に思われ。
Voyageは明るさの自動調整機能があるので、
使用環境によってはVoyageの方が使いやすい、
ということはあるかもですね。


カバーの質感は上々。
希望のメルローを入手できたこともあり、
妙な満足感? があります。
文句があるとすれば、ちょっとAmazonロゴの付け方、
考えて欲しかったかなー、とも。
持ち手によって上下逆になりますからねー。
逆さになっても違和感ないデザインだと、さらに良かったかな、と。
ともかく本革、とのことだったので
早速オイルを塗ってみたりも。
自己満足レベルですが、艶やかさが増したかも(笑)。


いまのところ、満足のいく買い物だったかな、
とは思えています。
Wi-Fi 広告なしモデルに保護シートを追加、と、
ほぼ4万円コースではありましたが、
何と言っても毎日使う、
持ち歩き、手にとるものですから。


ただ……んー、ひとには積極的に薦められないかな、とも。
同じ予算、電子書籍端末最初の1台だとしたら、
Paperwhiteを選んで差額で電子書籍購入した方が……なんて。
Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ホワイト

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ホワイト

電子書籍を読む、という機能だけを考えると、
Paperwhite、Voyageで十分で。
落ち着いたデザインと専用のカバー、
カバー込みとはいえ長持ちするバッテリー……
この付加価値にお金を払えるかどうか、なんですよね。
少しでも未来の電子書籍の形をみせてくれる端末だったら、
どんどんオススメも出来たのですが。
やっぱり、新しいサービスがついてこないと面白さに欠けますよね(^^ゞ。


……といったところでしょうか。
引き続き電子書籍生活、Oasis片手に楽しんで参ります。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。