読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

押見修造先生『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』太田出版 感想。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

Kindle版のセール時に購入しておりました。
ちょっと重そうな気がして、ここまで積み気味だったのですけれども。


実際、タイトルの通りに自分の名前が言えない、
それだけでなく普通の会話も引っかかる、
何より発話するのが大変そうな志乃ちゃんの姿は
読んでいてなかなかにキツイものがあり。
それだけに、そこから友人が出来、
学生生活にも少しずつ加わるようになって、
自らを省みるようにもなり。
一歩ずつ、成長していく、
切り開いていく志乃ちゃんの姿は
とても良かったな、と思ったのでした。


切迫して、自分の中で考えがぐるぐる回って、
緊張してしまって、落ち着こうにも上手くいかなくて、
周りの人にもなかなかわかってもらえなくて……。
感じる視線も、やさしさすらも辛くて。
この感覚が描き込まれているので、苦手な人もいるかもしれません。
私も本当、読んでいて厳しい、
志乃ちゃんに感情移入してしまって。


序盤は、上記のような描写が刺さってきて辛くて。
志乃ちゃんの自分への苛立ちに加え、周囲の反応がとても。
歌、文化祭をキッカケに……って、やっぱり辛いのだけれども、
勇気をもって踏み出していく感じが、
その分、心に沁みるのでした。
お話の着地点もよかったかと思います。


明るく笑い飛ばせる作品ではないですが、
何かしら、残してくれる素敵な一冊でした。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。