読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

原作:木皿泉先生/作画:渡辺ペコ先生『昨夜のカレー、明日のパン』幻冬舎 感想。

comics

一樹を亡くしてからの周囲を描いた作品。
妻のテツコさん目線が多めではあるようには思いますが、
各人、それぞれ受け止めて、整理して、生きていく様が
静かで、地に足がついて、生々しくて。


一樹の父親であるギフ(義父?)とテツコさんとの
少し妙な家族関係であったりとか、
隣家のお姉さんと一樹の交流。
いとこである虎雄への影響……と、
直接、ではないものの、
なんとなく浮かび上がってくる一樹の姿に、
しみじみとさせられまして。
章の構成も良かったかな、と思います。
最後にまとまっていく感じで。


読後の感触は
ほかのコミックスにはないような、
後を引く感じ、と申しましょうか。
正直なところ、スッキリ、とはしなくて。
ただ、それが悪くないのです。


原作モノが故、なのでしょうか。
ちなみに原作は未読です。
機会があれば、手に取ってみようかしら。ともかく、コミカライズ版には満足いたしました。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。