読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

志村志保子先生『名づけそむ』祥伝社 感想。

comics

名づけそむ (フィールコミックス)

名づけそむ (フィールコミックス)

志村志保子先生の新刊。
タイトルの『名づけそむ』は以下のような意味の模様。

[動マ下二]はじめて名付ける。言いはじめる。
「煙立ち燃ゆとも見えぬ草の葉をたれかわらびと―・めけむ」〈古今・物名〉

なづけそむ【名付け初む】の意味 - goo国語辞書

書名の通り「名前」がテーマの短編集。


自分の名前だったり、我が子の名前だったり、
ふと出会った人の名前だったり……
それぞれのストーリーが展開されて。
少々重めでゆっくり沁みるようなお話が多いです。


読後、ちょっと名前を気にしてみたくなる。
そんな一冊でした。
自分の名前に込められたもの。
知人の名前のこと……。
当たり前といえばそうなのですが、
みな、様々な背景を背負っているのだ、
ということを改めて認識させられまして。
どの収録作品も、改めて読み直してみたいな、
と思わせるものばかりで。
長いお付き合いになりそうです……と思うだけに、
再読しやすい電子書籍だったら良かったなぁ、なんて(^^;)。


なお、表紙のデザイン、紙質もよく、
"本"としての出来も悪くないと思います。
手に取るとちょっと嬉しくなる、そんな。


短編集なので、少しずつ読み進めるもよし、
一気に読み切るもよし、で、
楽しみ方もそれぞれ、です。
『名づけそむ』を読みつつ、
自分の名前や、あのひとの名前を思い浮かべてみる、
なんていうのも悪くないかもしれません。


こちらも購入しておりますので、
感想は追って……。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。