読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想温泉はてな亭

諸々、ふれたもの、こと、に関しての感想を記していきます。

スポンサーリンク

佐藤ショウジ先生『トリアージX』13巻 富士見書房 感想。

comics

Link:富士見書房 | トリアージX
Link:トリアージX -イクス- TVアニメ公式サイト

変わらず、Kindle版を購入。
紙版と発売日変わらずリリースは有難いところで。


表紙は色々な意味で大迫力な鈴江さん♪
何気に多々良さんも登場しているのも良い塩梅で。
……それにしても眼鏡っ娘でこれは……素晴らしい。


お話の方は混沌と。
シリンジと飛城財閥どころではなく、
まずは目の前の危機を切り抜けるので精いっぱいな。
生活の基盤が崩れていく様がなんとも……。
学校が舞台となると、日常と非日常の境界が映えますね。


嵐も学校に乗り込むことになる訳ですけれど、
それは当然、正体がバレることに繋がるわけで。
そのあたりのあれこれも見どころのひとつ。
起こっていることは酷いのですが、
その中での人間関係には見逃せないものもあるかな、と。


ちょっと、どうやって落ち着かせるのかな?
というのが見えないほどに入り乱れた展開。
一応、望月総合病院側での動きも見えましたが……んー。
多々良さんたちとの共闘もあったりするのかしら。


という感じで、ピンチの広がる13巻なのでした。
次でこのエピソードを閉じられるのかしら……
もちっと長引くのかな。
いずれにしましても、面白くなって参りました。
連載を追いつつも、単行本も楽しみに待つ日々が続きそうです。


そいえば佐藤ショウジ先生、
もう一冊、新刊がリリースされていますね。
こちらも入手せねばー。

“感想温泉はてな亭”は
amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定された
アフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。